2018.12.21 第6回坊守学習会

Pocket

今年最後の一楽先生の四十八願文。講義は二十八願、二十九願、三十願でした。
浄土に生まれて終わりではない。如何にその教えを共有できるか、どう共有していくかという周りの人との関係がスタートする。お釈迦様は「私の国に生まれた人皆、道場樹を見る事ができるようにしたい」とおっしゃられたそうです。聞法をし続けると私も道場樹を見る事ができるのでしょうか?そう信じて残りの講義も楽しみにしたいです。

コメント 0件

情報をクッキーに保存する