「第13回 福島の子どもたちホームステイ」のご報告

Pocket

さる3月26日(月)から3月30日(金)までの間、4泊5日の日程で「第13回 大阪教区での春休み☆福島の子どもたちホームステイ」が実施されました。

毎年2回、春休みと夏休みに実施している「福島の子どもたちホームステイ」も、今回で13回目となります。今回は、福島県から9家族、計26名をお迎えし、大阪教区内9ヵ所のご寺院、ご門徒宅に分かれて、ホームステイをしていただきました。

開会式の様子

3月28日(水)には、毎回恒例となっている教区ボランティア推進実行委員会さんによる企画「子どもお楽しみツアー」が実施されました。今回の企画は、これも春の恒例となりつつある万博記念公園でのバーベキュー。今年は天候にも恵まれ、また桜もちょうど満開となる最高の雰囲気の中で、ホストファミリーの方々と一緒にバーベキューを楽しんでおられました。

バーベキューの様子

また最終日には、こちらも毎回恒例の閉会式兼昼食交流会が行われ、今回も教区坊守会の皆さんに準備と運営のお手伝いをいただきました。交流会の中では、「東日本大震災から7年がたち、子どもたちの保養活動が減少してきている中で、活動を続けてくださって本当にありがたい。ぜひこれからも続けてほしい」という声を、たくさん聞かせていただきました。ホームステイという活動を続けていくことの大切さを、改めて感じさせられました。

ブットンくんから記念品

今回ホストファミリーとしてご協力いただいたご寺院・ご門徒の皆さま、また毎回様々な形でご協力いただいている各団体の皆さま、いつもありがとうございます。今後とも、よろしくお願いいたします。

次回の「福島の子どもたちホームステイ」は、夏休みに実施する予定です。詳細が決定しましたら、当ホームページにてお知らせいたしますので、ご確認ください。よろしくお願いいたします。

コメント 0件

情報をクッキーに保存する