『高僧和讃』講義録②を発刊

Pocket

「高僧和讃 二」(大阪教区准堂衆会)

2019年9月28日に、大阪教区准堂衆会(吉川知徳会長)では、延塚知道師の講録『高僧和讃 二』(曇鸞編)を発刊しました。

当会では2009年から2013年にかけて研修会を開催し、延塚先生から16回にわたって『高僧和讃』の講義をいただきました。

この講義を広く公開するために、准堂衆会でテープ起こしを行い出版したいと延塚師にお願いしたところ、ご快諾下さった上に、ご多忙にもかかわらず原稿に大幅な加筆をして下さりました。

この高僧和讃の講義録は、全4巻となる予定です。
第1巻の「高僧和讃 一」(2019年3月1日発行)の龍樹菩薩・天親菩薩・曇鸞大師編に続いて、今回の「高僧和讃 二」は、曇鸞讃の講義の続編となります。

今回も延塚先生の許しを得て若干部を当准堂衆会において製作し、大阪教区内の全寺院に無償配付させていただきました。(若干の残部があり、税込み1,800円で頒布いたしております。大阪教務所までお問い合わせ下さい。)

「高僧和讃講義」(方丈堂出版)

また、この講義録は『高僧和讃講義』の題で、方丈堂出版からも出版されています。サイズや装丁などが異なりますが、同内容となっております。

 

 

 

 

 

『高僧和讃』講義録を発刊