特別措置法に基づく「緊急事態宣言」延期に対する 大阪教務所の対応について(教務所閉鎖のお知らせ)

Pocket

このたび、5月6日までの期限で発令されていた「緊急事態宣言」が5月31日まで延長されたことを受け、本山や教区内諸機関と協議を行い、最大8割まで人と人との接触削減を求める旨の「緊急事態宣言」延長の主旨を最大限受け止め、大阪教務所の閉鎖を5月31日まで延長する決定をさせていただきたく存じます。

つきましては、引き続き、教区内のご住職やご門徒をはじめ、多くの方々に大変なご迷惑をお掛けいたしますが、意のあるところをお汲み取り賜り、何卒ご協力くださいますよう、よろしくお願い申しあげます。

なお、これまで同様、事務所は閉鎖するものの、所員の出勤を最小限(2名~3名を想定)に止めながら、規模を縮小して必要な教務所事務は継続して行ってまいりたく存じますので、よろしくお願いいたします。

最後に、皆様方におかれましても、どうか御身ご自愛くださいますよう、お願い申しあげます。

合 掌

大阪教務所長
大町 慶華

1 教務所事務所の閉鎖について

(1)閉鎖期間 2020年5月7日(木)~5月31日(日)まで

※「緊急事態宣言」の延長期間に基づく。

(2)勤務形態 閉鎖期間中(土日除く)も教務所員2名~3名が交代で勤務いたします。

(3)勤務時間 午前9時~午後5時30分

 

2 諸会議について

閉鎖期間中に予定されている諸会議につきましては、すべて中止とさせていただきます。なお、諸会議の中止に伴い、今後の見通しなどの相談を教務所員の各担当者から各々にご連絡申しあげます。

講座・研修会につきましては、以下をご確認ください。

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う、大阪教区内事業の中止・延期に関して

 

3 閉鎖期間中の教務所事務の対応について

事務所閉鎖に伴い、大変申し訳ございませんが、対面での業務はいずれも取り止めさせていただきますので、何卒ご了承賜りますようお願い申しあげます。

 

(1)奨励事務・願事事務について

恐れ入りますが、事務所閉鎖期間中の奨励事務・願事事務につきましては、大阪教区内各寺院宛に5月7日発送のお知らせ(普通郵便)にてご確認をお願いいたします。

 

4 大阪教区教化センターの対応について

(1)教化センター事務室の閉所について

5月7日(木)~5月31日(日)の期間、事務室を閉室いたします。

 

(2)御堂文庫について

御堂文庫の貸し出し業務は閉室期間中、休止いたします。現在、書籍や紙芝居等を借りておられる方は6月以降に返却をお願いします。

 

(3)教化センター通信・教化リーフレットについて

教化センター通信・教化リーフレットの次号は6月1日発行を予定しております。

 

(4)「法事のこころ」「勤行集」について

発送注文に限り、FAX(06-4708-3278)もしくはメール(center0745@gmail.com)にて受け付けます。

(発送までお時間がかかりますので、ご了承ください。)

 

(5)教学研修院主催講義について

開催予定であった以下の講義を中止します。

①「『教行信証』を読む」講義(講師:木越康氏)5月22日(金)

②「『仏名を称すべき時の者』―時の教学―」(講師:佐野明弘氏)5月27日(水)

 


※ご質問などございましたら、ご遠慮なく大阪教務所(06-6251-4720)までお問い合わせくださいますよう、お願い申しあげます。

※難波別院(南御堂)につきましては、以下をご覧ください。

南御堂(真宗大谷派難波別院)

南御堂online(『南御堂新聞』のオンライン版)

 

コメント 0件

情報をクッキーに保存する