第34回 第二組同朋大会が開催されました

Pocket

2019年3月2日(土)午後1時30分から、第34回第二組同朋大会「真宗にであう講演と歌曲の集い」が、難波別院同朋会館講堂において開催され、組内外の御門徒、推進員、住職、寺族等合わせて105名のご来場を頂きました。

 

真宗宗歌斉唱、勤行、海老海組長の開会の挨拶の後、第一部としてソプラノ・藤澤 敦子 氏(第16組浄興寺住職)とピアノ伴奏・外川 千恵子 氏(第26組 蓮行寺坊守)による独唱が披露されました。
(曲目・花の街、あわて床屋、ジュピター、タイムトゥセイグッバイなど8曲)

休憩の後、第二部として講師に梶原 敬一 師(姫路医療センター小児科医長/真宗大谷派僧侶)をお招きし、「浄土の真宗は証道いま盛なり」という講題で講座が開かれました。
この末法の世の中において、我々が、生まれた世界を自分で生きてゆくのだという心に気付く事のがいかに尊いかという事。人間が自分の心を取り戻す事を如来は願っているのであり、またその願いを正しく伝えるのは言葉ではなくその呼び声である念仏しかないとお話しされました。

 

 

最後に、第二組門徒会中嶋ひろみ会長より閉会の挨拶の後、全員で恩徳讃を唱和し閉会となりました。

コメント 0件

情報をクッキーに保存する