門徒会・組推協合同聞法会

Pocket

平成30年2月14日(水)

大阪教区第6組門徒会・組推協合同聞法会が、難波別院(同朋会館)にて開催されました。

組長による挨拶

組推協会長による挨拶

本日の講師は大阪教区第17組 法觀寺住職 広瀬俊師でした。

講題は「生死いづべき道」。

詩人・茨木のり子さんの詩やさだまさしさんの「いのちの理由」の歌を流しながら、大変興味深いお話をいただきました。講演後にさだまさしさんのファンのお友達にと、講演資料をもう一部持ち帰られる方もおられました。

参加者は門徒、住職、坊守、総勢106名となりました。

 

 

コメント 0件

情報をクッキーに保存する