『命をみつめて』7組人権研修会が開催されました

Pocket
[`evernote` not found]

さる2月24日(土)、難波別院同朋会館にて、7組人権研修会が開催されました。

本年の研修会は落語家3代目、桂春蝶師をお迎えして、「ニライカナイで逢いましょう〜ひめゆり学徒隊秘抄録〜」と題された創作落語を演じていただきました。

師は、父の先代2代目春蝶師との死別を機縁として、沖縄をはじめ多方面かつ詳密な取材を通じて、今回の「生命の落語」を研鑽なさってこられました。

その熱演ぶりに、聴講に来られた寺族・ご門徒様方は、休憩なしの1時間20分あまりの大作でありながら、涙あり笑いありで終始、熱演に引き込まれ、講演が終わった後にはその感動の余り、会場全体が水を打ったような静けさに包まれました。

『生命』という深いテーマを持った落語の心を通じて、非常に大切な人権研修会の学びの機会をいただきました。
via PressSync