第3組・乙部大信

1 / 212

1/31(木)お寺でお葬式 説明会

〈八起会について〉

八起会は、教学研修院8期卒業生などで構成されている聞法学習会です。2012年の卒業以来毎月集まって仏法や儀式荘厳について様々に学習を重ねております。

 

 

 

 

 

 

 

〈お寺葬説明会のご案内〉
日 時 : 2019年1月31日(木)

17:30受付

18:00開始

場 所 : 難波別院 同朋会館 講堂
大阪市中央区久太郎町4-1-11 ℡/06-6251-5820

参加費 : 無料 どなたでもご参加いただけます

 

〈 お寺葬 とは……〉
この度の説明会では、恩楽寺(講師の自坊)で取り組んでいるお寺葬についてご説明します。恩楽寺では、5年ほど前からお寺葬の取り組みを始め、現在では20件以上執行しました。
 葬儀費用をできるだけ抑えたいという喪主はとても多いです。当寺のお寺葬では、野卓などを用いてお寺の設備や本堂内陣荘厳を利用して、葬儀社の祭壇を利用せず、聞法道場の暖かみのある本堂で行うお葬式です。生前からのご縁に基づき、葬儀社に協力してもらい、本堂を会場とすることでリーズナブルで質の高い儀式となりました。また他にも、白黒幕設営、枕飾り一式、中陰飾り一式、司会者、その他設営費と人件費なども削減できます。
また、特定の葬儀社と提携したり契約したり独占行為をしているのでは、と勘違いされることもありましたが、そういったことはありません。当寺のお寺葬に協力いただいた葬儀社は様々です。
費用はいずれの業者も19~42万円でした(お布施は別です)。各社の直葬プランや大阪市規格葬儀を利用し、そこで直接火葬場へ向かう のではなく、お寺の方で通夜葬儀式を執行します。日程にも余裕ができ、利用された方は葬儀社も含めてみなとても高い満足度を示してくださっています。ただし、喪主に葬儀に関する知識がないと要不要の判断が難しいので、これまでの「お寺葬」は葬儀社との打合せに恩楽寺の者が同席しております。
経済的負担が少なく済み、仏法に遇った喜びの声をこれまで執行したご門徒から頂いています。また葬儀社も本来なら直葬分の収入しかないところに、花や霊柩車など追加料金が発生し、人的負担が少ないので喜んで協力頂いています。

〈最大のメリットとは〉

お寺にとって最大のメリットが、遺族にお寺に参ってもらうということです。準備、打合せから、枕勤め、通夜、火葬、還骨までをお寺で共に過ごすことで、会館葬儀に比べて遺族と関わる時間が大幅に増えます。深いコミュニケーションができるため、仏法やお寺に対する信頼や、教化機会を優れて多く得られます。

お寺の中で、大切な人の死を目の前にして、厳かな、あるいは打ち砕けた雰囲気の中で、亡き人、死、往生、人生、様々なことを語り合う場が自然に発生します。真宗門徒・僧侶が培ってきた座談や傾聴の知識が生かされる、最高の教化現場となるわけです。お通夜では、葬儀を率先して取り組んでいる住職が法話をするのでとてもよく聞法して頂けます。

この度の説明会が、ともにお葬式について学びを深める場となることを念じております。どうぞお誘い合わせの上、ご参加くださいますようよろしくお願いします。  乙部大信

12月の【安住荘】は 心願寺 住職 松井聰先生でした

【安住荘】12月のご講師は、心願寺 住職 松井聰 先生でした。

松井先生は、昨今の葬儀事情の問題について、「仏事がおろそかにされていく傾向」を、「無縁社会」という言葉からお話しくださいました。

「無縁化していく縁には、地域や社会、家族の縁の他に、仏縁もあり、仏事の相続が危機的状況である」

「私たちが亡き人から何を望まれているか」

などと、分かりやすく本願念仏の教えをご法話くださいました。

 

 

1月の【安住荘】定例法話のご案内

講師 : 正業寺 住職 新田修巳 師
日時 : 1月 12日(土) 午後1時から午後3時ごろ
【安住荘】〒547-0026 大阪市平野区喜連西5-4-14

 

11月の【安住荘】は 法觀寺住職 廣瀬俊先生でした

【安住荘】11月のご講師は、法觀寺住職 廣瀬俊 先生でした。

廣瀬先生は、落語「平林」を枕にして、「恩」というテーマでご法話くださいました。

難しい仏法を面白くお話くださり、始終笑いの絶えない法座でした。

笑いだけかと思えばけっしてそうではなく、無自覚に苦悩する道をすすみ、恩を踏みにじる煩悩の身のご指摘され、また親の恩について考えさせられる悲しい物語をお聞かせいただき、会場からはすすり泣く声が聞こえました。この身にはたらいてきた恩を思えば、頭が下がる1日でした。

12月の【安住荘】定例法話のご案内

講師 : 心願寺 住職 松井聰 師
日時 : 12月 12日(水) 午後1時から午後3時ごろ
【安住荘】〒547-0026 大阪市平野区喜連西5-4-14

 

9月の【安住荘】は遠慶寺住職 大橋恵真先生でした

【安住荘】9月のご講師は、遠慶寺住職 大橋恵真先生でした。

 

「本願は、奥底の深い所の願い」とご自身のいただきを語られました。「仏法を聞いて、煩悩いかんなぁ、あさましい身やなぁ、といただいても、どうにもならん業の深さ」この自覚が人生を豊かにするのだろうと思いました。「五劫とは業の深さをあらわしている」

地獄-無明 恭敬三宝

餓鬼-貪欲 小欲知足

畜生-瞋恚 和源愛語

度しがたい、悲しい凡夫の実態を面白く楽しくお話しいただき、仏法に照らされ護られ生きる喜びを有難くご指導頂きました。

その他にもいろいろお伝えいただいた有難いことたくさんありますが、この辺でおわります。来月もきっと楽しい時間になると思います。ぜひお参りください。   合掌

 

10月の【安住荘】定例法話のご案内

日時 : 10月16日(火) 午後1時から午後3時ごろ

講師 : 徳用寺住職 藤政朋宏 師

【安住荘】〒547-0026 大阪市平野区喜連西5-4-14

7月の【安住荘】は正受寺 前住職 松山 正澄 先生でした

【安住荘】7月のご講師は、大阪教区 第19組 正受寺 前住職 松山 正澄  先生でした。

先月安住荘は晴天でしたが、7月上旬の定例法話では大雨でした。それにもかかわらず、今月も大勢の参加者で大変ありがたい法座でした。

たとい大千世界に
みてらん火をもすぎゆきて
仏の御名をきくひとは
ながく不退にかなうなり

先生はまず大雨どしゃぶりの中、満堂になっている安住荘のお同行に、先の和讃に触れて、「どんな苦労災難に遇っても、それをいとわず命がけで聞くという大きな決心が肝要である」と、雷の鳴る中ほがらかに、法友に満ちた場の味わいを述べておられました。お褒めいただいたせいか、その日はよりいっそう深い聞法の場だったのではないかなぁ、と思いました。

その他にもいろいろお伝えいただいた有難いことたくさんあるんですが、この辺でおわります。来月もきっと楽しい時間になると思います。ぜひお参りください。   合掌

 

8月の【安住荘】定例法話のご案内

日時 : 8月6日(月) 午後1時から午後3時ごろ

講師 : 西称寺 住職 宮部 渡 師

【安住荘】〒547-0026 大阪市平野区喜連西5-4-14

6月の【安住荘】は了信寺前住職 高間 重光 先生でした

【安住荘】6月のご講師は、大阪教区 第19組 了信寺 前住職 高間 重光 先生でした。

高間先生は安住荘の六月を担当しておられるそうなので、ここ何年かは雨天が多く、大ぶりの日もあったそうです。それにも関わらず、毎年沢山のご参詣があることを「大変ありがたい」と感動を述べておられました。ちなみにこの日は曇りで雨天ではありませんでした。

仏法を学んだことを身につける、行。これには大きな課題があり、できるものとできないものに分かれていく。如来の回向を、「私という円の中に、仏法の知識を入れていくおさめているのではなくて、仏さんの円の中に私がある」とわかりやすく図解してお話しくださいました。

その他にもいろいろお伝えいただいた有難いことたくさんあるんですが、この辺でおわります。来月もきっと楽しい時間になると思います。ぜひお参りください。   合掌

 

7月の【安住荘】定例法話のご案内

日時 : 7月6日(金) 午後1時から午後3時ごろ

講師 : 正受寺 前住職 松山 正澄 師

【安住荘】〒547-0026 大阪市平野区喜連西5-4-14

5月の【安住荘】は即応寺前住職 藤井 善隆 先生でした

【安住荘】5月のご講師は、大阪教区 第2組 即応寺 前住職 藤井 善隆 先生でした。

藤井先生はまず世間一般的な「いのちを大切に!!」という概念を真宗的に展開されました。

「中高生の5人に1人が死にたいあるいは死にたいと考えたことがあるという今の日本の異常な現状」のなかで、

「『死にたい』とはすなわち、『死にたいほど現実が思い通りではない』ということ。苦悩の現実から逃れられないこの身」を、

「安心して迷える生活」のお話をしてくださいました。

「教えに遇うという『転機』」とても大切にしたいと思いました。   合掌

 

 

 

6月の【安住荘】定例法話のご案内

日時 : 6月11日(月) 午後1時から午後3時ごろ

講師 : 了信寺 前住職 高間 重光 師

【安住荘】〒547-0026 大阪市平野区喜連西5-4-14

4月の【安住荘】竹中慈祥師

【安住荘】4月のご講師は、長浜教区 眞廣寺 ご住職 竹中慈祥先生(法務部長)でした。

竹中先生は御和讃・「弥陀成仏のこのかたは」「智慧の光明はかりなし」について楽しくじっくりとお話くださり、参加されたお同行みなありがたいありがたいと大変喜ばれていました。 合掌

 

5月の【安住荘】定例法話のご案内

日時 : 5月9日(水) 午後1時から午後3時ごろ

講師 : 第2組 即応寺 前住職 藤井 善隆 師

【安住荘】〒547-0026 大阪市平野区喜連西5-4-14

 

 

三月の【安住荘】

【安住荘】では、毎月定例法話がございます。

3月のご講師は、第四組 恩敬寺 ご住職  安城 正人 師 でした。

お生憎の強い雨天で、それでも、普段よりすこし少なめの約20名がご聴聞されました。

バッサリ世相をきりひらく、安城先生独特のご法話は、曰く「人数少ないからこそ絶好調」で、終始大きな笑いの絶えないあっというまの楽しい時間でした。合掌

【安住荘】では、毎月定例法話がございます。

4月の【安住荘】定例法話のご案内

日時 : 4月4日(水) 午後1時から午後3時ごろ

講師 : 長浜教区 真廣寺 ご住職  竹中 慈祥 師(難波別院法務部部長)

【安住荘】〒547-0026 大阪市平野区喜連西5-4-14

大阪市平野区喜連西5-4-14

八起会 「お寺葬」説明会

 八起会は、教学研修院8期卒業生などで構成されている聞法学習会です。研修院卒業してから約6年たちますが、その間毎月集まって仏法や儀式荘厳について様々に学習を重ねております。

この度の投稿は、次回の活動のご案内です。

7月の八起会は、会員の乙部大信の恩楽寺において、以前から学習している「お寺葬」説明会に参加することになりました。教区に広く「お寺葬」の可能性について周知したいとのことで、ご案内します。 八起会

 

 

恩楽寺「お寺葬」説明会のご案内

この度、恩楽寺の「お寺葬」説明会を急遽することになりました。お寺葬に興味のある方、また葬儀のについて学びを深めたい方、ご参加こころからお待ちしています!
日 時 : 2017年7月7日(金) 18:00お始め
場 所 : 真宗大谷派 恩楽寺 本堂
546-0031 大阪府大阪市東住吉区田辺1-14-18
℡/06-6621-2856 駐車場詰めて6台まであります
参加費 : 無料 どなたでもご参加いただけます
「お寺葬」とは……
恩楽寺では三年ほど前からお寺葬の取り組みを始め、現在では十件以上執行しました。
葬儀費用をできるだけ抑えたいという喪主はとても多いです。当寺のお寺葬では、本堂内陣荘厳を最大限に生かして、葬儀社の高額な祭壇を利用せず、聞法道場の暖かみのある本堂で行うお葬式です。生前からのご縁に基づき、葬儀社に協力してもらい、本堂を会場とするリーズナブルで質の高い儀式となりました。また他にも、白黒幕設営、枕飾り一式、中陰飾り一式、司会者、その他設営費と人件費なども削減できます。
また、特定の葬儀社と提携したり契約したり独占行為をしているのでは、と勘違いされることもありましたが、そういったことはありません。当寺のお寺葬に協力いただいた葬儀社は様々です。
費用はいずれの業者も19~42万円でした(お布施は別です)。各社の直葬プランや大阪市規格葬儀を利用し、そこで直接火葬場へ向かう のではなく、お寺の方で通夜葬儀式を執行します。日程にも余裕ができ、利用された方は葬儀社も含めてみなとても高い満足度を示してくださっています。ただし、喪主に葬儀に関する知識がないと要不要の判断が難しいので、これまでの「お寺葬」は葬儀社との打合せに恩楽寺の者が同席しております。
経済的負担が少なく済み、仏法に遇った喜びの声をこれまで執行したご門徒から頂いています。また葬儀社も本来なら直葬分の収入しかないところに、花や霊柩車など追加料金が発生し、人的負担が少ないので喜んで協力頂いています。
そしてお寺にとって最大のメリットが、お寺に参ってもらうということで、枕勤めから通夜、火葬までをお寺で過ごすことで最高の教化現場になります。枕経や湯灌、打合せなどをお寺ですることによって、住職らとの関わりが深まり、仏法に遇うご縁が広がります。お通夜では、葬儀を率先して取り組んでいる住職が法話をするのでとてもよく聞法して頂けます。私の場合は、聞法道場という場の力が働くのか、法話が長くなっても驚くほど聞き手の意識が途切れず、通夜振る舞いにも呼ばれたりなど嬉しいことであります。
今後の課題として、恩楽寺(私)自身がお寺葬の可能性を生かし切れておれず、また法要儀礼が遺族にとって本当に意味あるものとして受け止められているか。通夜の法話が参列者の深い悲しみに寄り添い、静かな感動と問いを与えているのか。遺族が進行に戸惑うことなく安心して故人に心を向けられているか。そして今日まで葬儀の段取りのほとんど葬儀社に任せてきたお寺の責任と、これからそれをどこまで取り返していけるのか。取り組まなければならない問題は沢山あります。

この度の説明会が、ともにお葬式について学びを深める場となることを念じております。どうぞお誘い合わせの上、ご参加くださいますようよろしくお願いします。  乙部大信

3組青年会 総会

平成28年6月22日(水)、大阪教区第3組青年会は東住吉区・正圓寺の本堂にて総会を開催し、合計9名の会員が出席しました。DSC_0898

2015年度の活動報告および来年度の活動計画案などを話し合いました。

来年度は、前年度に引き続き所長巡回に向けて『教区通信を読む学習会』の継続や、平生の立華のお稽古などをしようとわきあいあいと話し合いました。

また総会後は懇親会を開催し、会員同士の交流がみられました。

非戦・平和への願い 3組青年会受講

平成27年9月15日(火) 難波別院 教化センター会館にて「大谷派における非戦・平和への取り組み」と題して山内小夜子師(真宗大谷派 解放運動推進本部委員)による公開講座があり、6名の3組青年会会員が参加しました。

1442308295973[3]

我が国、我が宗門の犯した戦争罪責の歴史を刮目して学ぶことこそ、非戦への大切な第一歩であることを学びました。

1442311675739[1]

先生は講演の中で「全戦没者追弔法会」ではなく、「非戦・平和法要」とするべきであると声明されました。

講演終了後、3組青年会懇親会では、先生の講義、問いかけに対して熱く活発に意見が飛び交い、非戦・平和への願いが固く結束されました。

三組青年会 「教区通信」を読む

平成27年8月10日(月) 三組青年会では、きたる所長巡回へ向けて『「教区通信」を読む』と題し、21組・西願寺ご住職・藤原勲師を講師に迎え、教区通信について学びを深めました。

DSC_0393

本山、教区の宗務執行の方針を読解し、財務状況、真宗教化センター、教区教化事業などについて学びを深めました。

他にも教区会議案、経常費御依頼割当や教区費、予決算などについても学習しました。

「知らないと損!」という声が会員たちの主な意見、感想となりました。

 

三組青年会「教団のしくみ②」学習会

IMG_3996

 

さる平成27年5月28日 三組正圓寺を会場に三組青年会の学習会「教団のしくみ」について21組・西願寺ご住職・藤原勲師の講義がありました。

参加者は7名。

次回は7月末に第3回を企画中です。

3組 寺族研修会

DSC_0250

 

平成27年6月16日(火)、三組恩楽寺において三組寺族研修会が開催されました。

DSC_0246

 

 

 

 

 

 

 

 

講師を藤井善隆師にお願いし、次回の三組同朋大会に向けて学習しました。

講義の後、懇親会では親睦を深めつつ活発に意見交換が行われました。

1 / 212