第15組・間野淳雄

【重要】 青少年活動に学ぶ実行委員会からのご報告です

2月28日の大懇親会の件でご報告です。
先日のコロナウイルス感染拡大に伴う難波別院・教務所の対応を受けまして、当委員会で準備を進めておりました大懇親会も、約100名の参加をいただいていたんですが、延期という苦渋の決断をすることとなりました。ご予定していただいていた皆様には大変ご迷惑をおかけしまして誠に申し訳ありません。

代替日が確定し次第改めて皆様にご案内させていただきますので、是非またご参加のほどよろしくお願い致します。

via PressSync

立花講習会を開催しました

去る2月12日に、大谷青年会で「立花講習会」を開催しました。

今回は、15組本伝寺に於いて2月15日に勤まる涅槃会に向けての立花ということで、講師に澤田見先生(12組清澤寺ご住職)をお迎えして立花について学びました。

資料を見ながら大谷派の立花の基礎についてお話し頂き、続いて説明を入れていただきながら、先生に実際にお花を立てていただきました。

それを見本に、参加者が一人一杯ずつお花を立てていきました。
どう立てていいかわからなくなったり、途中で降参した人もいましたが、その都度先生に助けていただき、何とか立てることができました。

・今後の日程
3月29日〜31日 冬の研修旅行

※参加受付や詳しい内容、相談につきましては、下記に電話をお願いします。

大阪教務所(担当:田原)
06-6251-4720

via PressSync

位牌の書き方を学びました

去る1月17日(金)、大谷青年会で位牌の書き方学習会を開催しました。

自分たちのお寺に帰った時に、いずれしなければならなくなってくるのが、お葬儀の時の位牌を書くことです。坊守さんがされるところもあると思いますが、僧侶であればいつかは書く機会が巡ってくると思います。
今回は、書いたことが無い人もとりあえず一度筆を取って実際に書いてみようということで、各々白木の位牌を用意して、自分の法名を位牌に書く練習をしました。
参加者の中には書道経験者やすでに何本も書いた経験がある人もいましたので、色々ことを教えてもらうことができ、有意義な学習会になりました。

その後場所を移して新年会を開催しました。
今年も大谷青年会をよろしくお願い致します。

※参加受付や詳しい内容、相談につきましては、下記に電話をお願いします。

大阪教務所(担当:田原)
06-6251-4720

via PressSync

青年よ集え

当委員会でかねてから準備を進めております、2月28日(金)開催予定の「青年教化に係る研修会&大懇親会」が、いよいよ来月に迫って参りました。
すでに大阪教区内全ヵ寺にチラシ、各組長宛に案内とアンケートを送付しておりますが、銀杏通信上でもご案内させていただきます。
是非奮ってご参加下さいますようよろしくお願いいたします。

via PressSync

青少年活動に学ぶ実行委員会 会議

去る12月26日(木)に、難波別院にて「青少年活動に学ぶ実行委員会」の会議が行われました。
会議の冒頭には、青少幼年部会から松井幹事にお越しいただき、来たる2月28日(金)の大懇親会に向けての協議が行われました。

内容としましては、
・新しく出てきてもらえる若い方に重きを置いた上で、どの範囲まで声かけをするのか。
・規模としては100人を目指すが、懇親会会場の人数設定をどうするか。
・助成金の補助について。
等が協議されました。

その後、14組仏教青年会の巡回報告がされました。具体的な内容につきましては、前回の記事をご覧下さい。(http://www.icho.gr.jp/kyoka/seishoyonen/sei/22160)

via PressSync

忘年会を開催しました

今年も大谷青年会の活動に多数参加していただきましてありがとうございました。
去る12月13日に、大谷青年会の忘年会を開催し、今年も去年と同じく焼肉を食べに行きました。

来年も会員の皆様にとって有意義な学習会・催し等を企画していきますのでよろしくお願いいたします。

【今後の予定】
・1月17日 位牌の書き方学習会&新年会

・2月12日 立華講習会

会員の皆様には後日詳細等ご案内を送らせていただきます。

※参加受付や詳しい内容、相談につきましては、下記に電話をお願いします。

大阪教務所(担当:田原)
06-6251-4720

via PressSync

本山御正忌報恩講に参拝しました

去る11月26日に、大谷青年会で本山御正忌報恩講へ参拝しに行きました。

この日は各地からかなりの数の参詣者が来られていて、後ろの方に座りましたが、普段見聞きすることのできないお荘厳に遇わせていただくことができました。

お勤めが終わった後、お隣なのに普段中々行くことのなかった西本願寺へ参拝に行きました。
白書院や能舞台等を約1時間ほど詳しい説明をしていただきながらご案内していただき、とても有意義な時間となりました。

その後、京都市内で懇親会を行いました。

日々の法務の話や自分の話、趣味の話などしながら、みんなで楽しい時間を過ごすことができました。

[今後の予定]

・12月13日 忘年会

・1月17日 学習会

大谷青年会の活動に興味のある方は、下記の電話にてご相談ください。
皆さまの参加を心よりお待ちしております。

大阪教務所(担当:田原)
06-6251-4720

via PressSync

青少年活動に学ぶ実行委員会 会議

去る10月23日に、難波別院にて『青少年活動に学ぶ実行委員会』の会議が行われました。

まずは、先日2組青年会へ巡回させていただいたことについての報告がなされました。
(詳しくは前回の「2組青年会巡回報告」の記事をご覧下さい。 http://www.icho.gr.jp/kyoka/seishoyonen/sei/21614 )
引き続き、今後巡回させていただくところとして挙がっている14組青年会と天満別院青年部会について、巡回時期等が話し合われました。

次に、来年2月に開催予定の大懇親会について、告知・案内方法、チラシのデザイン、当日予定している研修会の具体的な内容について等が協議されました。

via PressSync

『夏の一泊研修会』に行ってきました

9月7日〜8日にかけて、大谷青年会で『夏の一泊研修会』に行ってまいりました。

今回は、真宗大谷派寺院が全教区中最多である名古屋教区へ訪れ、その中心である名古屋別院(東別院)を参拝してきました。

職員の方に中を案内していただいた後、東別院の歴史や建造物の由緒、年中行事等のお話をしていただきました。

二日目は、東別院のおあさじにお参りした後、木曽川のラフティングツアーに参加しました。
台風一過ということもあり、37度という猛暑の中でしたが、参加者一同楽しい時間を過ごせたと思います。
ラフティングツアー参加後帰路につきました。

このように大谷青年会では、毎年夏と冬に一泊研修を行っています。普段中々行くことの出来ない宗門の関わりの深い場所を訪ねたり、会員で色々な事に挑戦してみたり、また夜には座談会をして、よりお互いの距離が縮まり、気兼ねなく話せる関係を作る事を目的として活動しています。

大谷青年会の活動に興味のある方は、下記の電話にてご相談ください。
皆さまの参加を心よりお待ちしております。

大阪教務所(担当:田原)
06-6251-4720

via PressSync

『夏の交流会』を開催しました

去る8月1日に、大谷青年会で毎年恒例となっている『夏の交流会』を開催致しました。
今年も19組光圓寺さんの境内をお借りして、本堂でのお夕事に始まり、BBQ、PL花火大会鑑賞をさせていただきました。
現役の谷青の会員やOBの方々など多数参加いただきまして、参加者同士交流を深めることができました。

大谷青年会では不定期ではありますが、こうした『交流会』を催しています。
初めて大谷青年会に参加する方や、中々活動に参加出来ない方などが、気軽に来ていただける場となればと考えております。

大谷青年会の活動に興味のある方は、下記の電話にてご相談ください。
皆さまの参加を心よりお待ちしております。

大阪教務所(担当:中嶋)
06-6251-4720

via PressSync

数珠紐の組み方勉強会を開催しました

去る7月19日に、大谷青年会で『数珠紐の組み方』の勉強会を開催しました。

日頃法務で使っている数珠紐の組み方について勉強し、実際に会員が持参してきた数珠を使って紐を組んでいきました。
約2時間という限られた時間の中でしたので、持ってきた全ての数珠を完成させることはできませんでしたが、紐の色、組み上がった時の紐の形等こだわりながら、皆時間を忘れるぐらい集中して取り組むことができました。

一度手順を覚えればそれぞれの自坊でも数珠紐が切れた時に組み直せることができますので、ここで覚えたことをこれから活用していただければと思います。

大谷青年会の活動に興味のある方は、下記の電話にてご相談ください。
皆さまの参加を心よりお待ちしております。

大阪教務所(担当:中嶋)
06-6251-4720

via PressSync

2018年度総会を実施しました

去る5月30日、今年度も大谷青年会【総会】を難波別院南御堂の同朋会館2階、青少年ルームにて実施させていただきました。

大谷青年会は役員も含め、大阪教区内で30歳までの青年男女を対象とした勉強会や交流会などを主な活動としていますので、ほぼ毎年の様に役員改選が行われております。

今回の【総会】では、今年度会計を務めていただいた12組乗雲寺の渡邊氏が退任・卒業されました。

*2019年度の役員*

《会長》
15組本傳寺 間野 淳雄

《副会長》
14組光善寺 藤原 玄

《会計》
19組金光寺 巽 量正

《委員》
15組本念寺 辻岡 和貴

これからお寺の法務に入られる方やすでに勤めている方などが、お寺に関する日々の不安・不満等を気軽に相談しあえる関係を築く為に、皆さまの参加をお待ちしております。

via PressSync

臘扇忌法要のご案内を発送致しました。

6月10日に開催いたします臘扇忌法要(清沢満之先生117回忌)のご案内を、大阪教区内の寺院を始めとする有縁の方に発送させていただきました。
5月7日に発送準備を行いましたので、そろそろお手元に届くことかと思います。
どなたさまもご自由にお参りください。心よりお待ちしております。

日時: 令和元(二〇一九)年六月十日(月)
午後六時〜八時半

場所: 難波別院 同朋会館講堂

記念講話講師: ロバート F. ローズ師
(大谷大学名誉教授)

参加料: 千円(記念品代含む)

主催: 難度会

後援: 難波別院

via PressSync

『冬の一泊研修』に行ってきました

今年は4月に『冬の一泊研修』を開催し、岐阜県は下呂市、高山市、古川市へ訪れました。

初日はお昼過ぎに大阪を出発し、夕方に下呂温泉へ到着しました。ゆっくりと温泉に浸かった後、旅館で夕食をいただき、夜は部屋で座談会となりました。

2日目は、朝から高山市へと移動して朝市に行こうと考えていたのですが、朝起きると、、

まさかの大雪、、、朝市はあきらめました。

予定を変更して朝はゆっくりと過ごし、11時前に高山別院に到着しました。
高山別院では、高山市出身で、幼少期に両手両足切断というハンデを抱えながら念仏者として生きた中村久子さんについて、三島御輪番からお話をいただきました。
久子さんが口で筆を咥えて書写された歎異抄や、顎と肩でペンを挟んで書いたメモ帳などの資料も見せていただきました。

本堂を参拝後、古川市へと移動し、最後に予定していた酒蔵見学へと向かいました。
この日は残念ながら日本酒は搾っていなかったので搾りたてを試飲することはできませんでしたが、日本酒造りの行程を係りの方からの丁寧な説明を受けながら見学することができました。
見学後各々おみやげを購入して帰路につきました。

このように大谷青年会では、毎年夏と冬に一泊研修を行っています。普段中々行くことの出来ない宗門の関わりの深い場所を訪ねたり、会員で色々な事に挑戦してみたり、また夜には座談会をして、よりお互いの距離が縮まり、気兼ねなく話せる関係を作る事を目的として活動しています。

大谷青年会の活動に興味のある方は、下記の電話にてご相談ください。
皆さまの参加を心よりお待ちしております。

大阪教務所(担当:中嶋)
06-6251-4720

via PressSync

青少年活動に学ぶ実行委員会 会議

去る3月5日の「青少年活動に学ぶ実行委員会」の会議では、まず初めに、改めて2月15日に行われた17組青年会巡回報告と情報共有がなされました。

次に、2020年2月に予定している教区全体の寺族青年層を対象にした大懇親会に向けて、暫定プランや案内方法、事前アンケートについての話し合いが行われました。
日程・講師を呼んでの講義、座談会、代表者による発表等の当日の内容・懇親会会場の選定・タイムスケジュールについて話し合われました。

次に、各組青年会の活動をまとめた記録冊子製作について協議されました。
17組巡回時に「今までに行った旅行先を入れてはどうか」という提案を頂いたという報告を受け、これからの検討内容に含ませていただこうと思います。
貴重なご意見をありがとうございます。

最後に次年度の予算について話し合われ閉会となりました。

当委員会では青年会に関する様々なお悩み、ご意見お待ちしております。
お問い合わせは下記まで
真宗大谷派教務所
〒541-0056 大阪市中央区久太郎町4-1-11
TEL06-6251-4720
大阪教区教化委員会
「青少年活動に学ぶ実行委員会」 担当 中嶋

via PressSync