第21組・新川真浄(児童連盟)

サマーキャンプ2017inきほく

日が経つのは早く、肌寒い季節になりました。
2017年8月20日から2泊3日で和歌山県にある紀北青少年の家に行ってまいりました。

1日目
まずは、野外炊飯


夜は、ナイトハイキング


2日目
フィールドアドベンチャー


プール


工作、Tシャツを作りました。

キャンプファイヤー


3日目
スポッチ


和歌山の自然多い環境で、それぞれに思い出ができたと思われます。近頃の子ども達は、携帯電話やゲーム機、テレビなどのおもちゃから離れることのない生活を送っておることと思います。たった2泊3日ですが、それらのものから解放されて、子ども本来の感覚を養えるキャンプを児童連盟では続けていきたいと思っております。何卒ご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。
児童連盟では、春と夏2度のキャンプでかわいい子どもたちと一緒になって遊んだり、お世話をしていただける元気があって優しいお兄さんやお姉さんを募集しています。でも、「ちょっと子どもは苦手」だとかと思っている人でも、小さな子どもたちが「○○リーダー」と言って甘えてくると、少々辛い面倒な仕事でも、かえってそれが幸せな充実した時間となるに違いありません。さあ、いちどやってみようかと思われる方は、お友達なんか誘ってどんどん申し込んでください。

via PressSync

薬味が大人気

何故か茗荷と大葉がすぐに無くなる7組光明寺様の流しそうめん子ども会をお手伝いしました。
餅つき大会もそうですが、流しそうめんも回数を重ねる毎に参加者も成熟するというか、楽しみ方を発見していくというか。子ども会に慣れた子どもが増えてきたので、初めてくる子どもも、馴染み易い雰囲気ができつつあるようです。
子ども会はゲームをして、腕輪念珠を作って、自分で作った念珠を持ってみんなで一緒にお勤めを。それから待ちに待った流しそうめんです。
さて、今年はみんなの食べるペースがはやく、素麺が追いつかない事態に!
みんなお腹いっぱいになって帰りました。

竹の加工も手馴れたものです

7組光明寺さんの子ども会、流しそうめん大会の準備を、お手伝いしてきました。
本番は23日15時から。大風で倒れませんように…


試験流しもして、後は本番を待つばかりです。

遊びもほどほどに

流しそうめんは、大人も子どもも大はしゃぎ!


我々もお相伴にあずかりました。
ご馳走様でした。

7月17日海の日は、1組順教寺さんの子ども会にお邪魔いたしました。
みんなでお勤めしたあとに、本堂で体を動かせる遊びをしました。少しでも運動した後だからか、子どもたちもたくさんそうめんを食べていました。

夏がきた!サマーキャンプ!

日増しに強くなる陽射し。蝉時雨。
厚く盛り上がった白すぎる雲。

夏です……

夏なんです。

もうプール開きも海開きも始まり、子どもたちにとっては待ちに待った夏休みの足音が聞こえてくる気候になってまいりました。
夏といえばそう、サマーキャンプです。
今年は8月20日から22日までの二泊三日です。
今年もより楽しく、より面白く、学びと実り多きサマーキャンプを目指して、たくさんの企画を準備中です。
締切は7月18日!定員まであとわずか!お早めにお申し込みください。

ポイズンリムゥウウバァァアアアー!!!.

必殺技ですか?違います。

7月8日、9日と、サマーキャンプの第1回事前研修会を行いました。
今年の研修会には10名もの参加がありました。
しかしながら、当連盟としてはまだまだ人手不足は否めません。

さて、今回の研修内容は
野外炊飯、プール、キャンプファイヤー、散策……
参加者それぞれに楽しめたようで、研修をする側も楽しい研修会となりました。

第2回研修は7月14日と25日。

サマーキャンプ本番は8月20日から22日までの二泊三日です。
参加者はまだまだ募集しています。

肉を食す

6月24日、児童連盟6月の例会を行いました。
数年続いてのBBQ大会です。
毎年、たくさん参加いただき、ありがたくおもっています。
ただBBQをして、ご飯を食べて、片付けて。
こんな何でもないような内容の中にも、火の扱い、食材の扱い、用意する量、来たときより美しく。様々に学ぶ事があります。
例会をする事に、スタッフ、リーダーがひと回りも、ふた回りも頼もしくなるように思います。

来たらあかんー!あかんー!

第21組光照寺さんの子ども会へ行かせていただきました。

初めて子ども会に参加してくれた子は、少し恥ずかしそうにしていましたが、すぐに他の子どもたちと一緒に楽しんでもらえたようでした。
紙芝居台をつかったゲームでは、闖入者のキャラクターに対して声をそろえて立ち向かう姿も。

児童連盟名物ソース水飴せんべいを食べて休憩をした後は、ボールで体を使ったゲームをして、みんな汗だくになっていました。

ジレンロボ、メンテナンス中

得度準備講習と、児童連盟主催春の一泊子ども会の準備が煮詰まってきたさなか。
ひとときの癒しの時間。
段ボールは暖かいとのたまってましたが、今はイビキが良く響いて非常に迷惑です。

雪が降っても撞くのをやめないッ!

2月中旬に第21組光照寺様におきまして、お餅つき大会が開催されました。当日は雪がちらついてはおりましたが、沢山の子ども達のパワーとつきたてのお餅はやらかくて美味しいー!という笑顔で寒さも忘れて楽しい会となりました。

児童連盟ではもちつきの道具も一式揃っております。子ども会で、もちつきをしたいけど、道具がないし、やり方わからないし…と迷っておられる方は、是非とも児童連盟にご相談ください。ただ、年末年始は都合がつかない場合がございますが、ご了承ください。

べったんぺたらこぺっ…

1月中旬、第7組光明寺様にて餅つき大会を行いました。

前夜から大雪が降り、雪が残ったままの寒中餅つきとなりました。毎年恒例の行事として認知されつつあるのか、雪が降る寒い日にもかかわらず、たくさんの子どもたちが来てくれました。


児童連盟ではもちつきの道具も一式揃っております。子ども会で、もちつきをしたいけど、道具がないし、やり方わからないし…と迷っておられる方は、是非とも児童連盟にご相談ください。ただ、年末年始は都合がつかない場合がございますが、ご了承ください。

え?これお米やんか

今日は4組阿弥陀寺さんのもちつき大会のお手伝いに行って来ました。

はじめてもちつきを目の当たりにする子どもにとって、蒸しあがったもち米が運ばれてくるのはとても不思議な事のようです。もうもうと湯気が立ち上るもち米をこねてつき始めると、我先と覗き込みにきます。
インフルエンザの流行もあって、参加人数は少なくなってしまいましたが、たくさん餅に触れる機会が増えたためか、子どもたちは堪能できたようです。何度も餅をつきに来る子ども、家では見むきもしないきな粉餅を頬張る子どもに驚くお母さん。人数が多くて大賑わいなのも、少なくてじっくりと楽しむのもまた、楽しみ方の一つだと感じました。

児童連盟ではもちつきの道具も一式揃っております。子ども会で、もちつきをしたいけど、道具がないし、やり方わからないし…と迷っておられる方は、是非とも児童連盟にご相談ください。ただ、年末年始は都合がつかない場合がございますが、ご了承ください。

もっちもち!

12月28日に泉南市にある「デイサービスセンター亀寿の森」様で巡回をさせていただきました。毎年寄せていただき、更にスキルアップを目指して人生の先輩方に手解きをいただきます。今年は新役員、高校生リーダーもかいどりができるようになりました。



児童連盟ではもちつきの道具も一式揃っております。子ども会で、もちつきをしたいけど、道具がないし、やり方わからないし…と迷っておられる方は、是非とも児童連盟にご相談ください。ただ、年末年始は都合がつかない場合がございますが、ご了承ください。

みひかりのもと

本年も残すところあと3日となりました。皆様におかれましては様々なご理解ご協力を賜りまことにありがとうございます。来年も児童連盟をよろしくお願い申し上げます。
12月15日に児童連盟の忘年会を開催いたしました。春の一泊や、サマキャン等の活動でお世話になったスタッフと共においしいご飯をいただきました。
児童連盟では引き続きスタッフの募集を行なっております。興味のある高校生以上の方は、青少年担当藤谷までご一報ください。

雲みたいー!

14組福田寺様の子ども会へ巡回させていただきました。
夏も終わりの気配が近づいているような、いないような、暑い日です。
少しでも涼しくなるように、と風鈴に絵を描いたり、かき氷を食べたりしました。
最後は、最近の児童連盟名物「自分でつくるわたがし」です。
きれいに丸くつくるのは、コツがあるのですが、子どもたちがつくるわたがしは、様々な姿をしていて楽しみに富んでいます。サンタクロースのヒゲや、入道雲を、各々美味しくいただきました。