1月23日(火)に講座「寺院における葬儀の基本」を開催します

Pocket

大阪教区教化委員会の儀式・法要部の公開講座「真宗の仏事と法事を考える講座」は、今年度は葬儀のあり方をテーマに開催します。

【※12/12公開講座「寺院における葬儀の基本」第1回が開催されました】

『寺院における葬儀の基本』(大阪教区出版会議編)をテキストにした連続講座の第2回を、下記の通り開催します。

講師は、テキストの執筆に当たった奥田勢至氏を講師に迎え、大阪教区准堂衆会との共催、難波別院の協力で開催します。

日 時:2018年1月23日(火) 午後6時30分から8時まで

講 師:奥田勢至氏(第17組 光泉寺 住職)

会 場:難波別院 同朋会館1階講堂

対 象:住職・坊守・寺族

内 容:寺院における葬儀の基本

時代とともに葬儀が簡略化されていく中、改めて寺院葬儀を基本から確かめることで、真宗の仏事の回復につながることを願います。

テキスト:『寺院における葬儀の基本』(大阪教区出版会議発行)※昨年、大阪教区の全寺院に送付されていますが、当日会場でも販売します。

また、3月13日(火)には、ご門徒さんも対象にした葬儀についての第3回の講義を予定しています。講師は髙間重光氏(第19組 了信寺 前住職)です。

いずれも聴講無料ですので、お誘い合わせてのご参加をお待ちしています。

案内状

テキスト『寺院における葬儀の基本』

 

 

コメント 0件

情報をクッキーに保存する