御遠忌法要円成

Pocket

去る6月9日 大阪教区第22組(出原組長)に於いて、『遇うこと 聞くこと』をテーマとし、宗祖親鸞聖人750回御遠忌法要が厳修されました。

当日は梅雨に入っていましたが、快晴となり多くの参詣者が会所となる、泉大津 南溟寺にご参詣いただきました。

午後1時から藤田恭樹 御遠忌実行委員長より開会の言葉と本山よりの祝辞の代読がされました。

『親鸞が見た風景』が上映され、引き続き音楽法要 内陣には組内法中 導師は出原組長。濱田副組長が総序を表白として拝読されました。

コーラスには25名の坊守と門徒の方々、ピアノ奏者、それを指導、指揮を半年以上13組 村上奈津子師に指導をいただきながら当日の法要に臨まれました。

引き続き「親鸞聖人のご生涯」を組推協、門徒会、若樹会、住職各3名 合計12名が朗読をし、参詣の方々も熱心に聞き入っておられました。

ご法話には7組 本照寺前住職 沖野頼信 師 御遠忌テーマ『遇うこと 聞くこと』についてご法話をいただきました。

最後に苑樹 御遠忌実行副委員長より閉式の挨拶があり、無事 22組宗祖親鸞聖人750回御遠忌が円成いたしました。

22組では毎年国寄講という組のお講(行事)があります。しかしこの度の組としての御遠忌をとおし、寺族、ご門徒の方々が一丸となって一年以上会議等を重ねて円成出来、一層各寺族門徒のご縁が深まる御遠忌をお迎えできました。

 

 

コメント 0件

情報をクッキーに保存する