第2組 聞法会を開催しました

Pocket

 

2022年5月27日(金)午後2時から、天王寺区の了安寺(海老海恵幸住職)を会場に、第2組聞法会「共に学ぶ正信偈」が、組内の住職や寺族、そして門徒と推進員24名が参加して開催されました。

墨林浩組長の進行で開会、海老海恵幸住職による調声で正信偈勤行の後、講師の新田修巳先生(4組 正業寺)から前回の2021年9月24日(土)宗恩寺での聞法会から引き続き「天親菩薩造論説 帰命無碍光如来 依修多羅顯真実 光闡横超大誓願 広由本願力回向 為度群生彰一心」について、「一心」と「本願力」についてお話いただきました。

先生は、自身の仏法との関りを振り返られ、問い直されながら、その歩みについてお話され、先達の曽我量深先生や安田理深先生の言葉から深く学ばれ、南無阿弥陀仏と言う、何処にあっても如来の呼びかけをこの耳で聞き、その呼びかけに応えて行く私という存在を認識し、頷いていける。そのことによって生老病死を受け止める。そこに本当の救いが実現されると話されました。

先生のお話を通して、曽我量深先生や、安田理深先生、また安富信哉先生、信國淳先生や藤場俊基先生のそれぞれの親鸞聖人からの教えの言葉を、お聞きすることが出来ました。(本持)

次回は、6月18日(土)、会場は阿倍野区の法山寺、講師は宮部渡先生です。

コメント 0件

情報をクッキーに保存する