6/21 伝研の会 公開講座 「一から読む『浄土論註』」第21回

Pocket

大阪教区伝研の会 公開講座
一から読む『浄土論註』 第21回

はからずも「親鸞」と名のられた越後時代の宗祖。そこにおかれて、生活の現場を目の当たりにされた親鸞聖人は、天親菩薩から曇鸞大師へと受け継がれた浄土論、浄土論註の学びを深められました。
曇鸞は論註の冒頭に龍樹の開顕された難行・易行の道をあげて、易行道こそが私たちの存在そのものの難が明らかになったところにひらかれてくる道としていただかれました。
大阪教区伝研の会では、親鸞聖人が大切にいただかれた『浄土論註』を改めて一から読み進めていく公開講座を開催しております。

・日時  6月21日(金)17:00〜19:00
・会場  難波別院1階  講堂
・講師  本明義樹氏(大谷大学文学部 講師)
・テキスト 『解読浄土論註(改訂版)』蓑輪秀邦編東本願寺出版部 約3800円
(お手数ですが、各自でご準備下さい。大阪教務所もしくは東本願寺出版部{TEL 075-371-9189}へお問い合わせ下さい。)
・参加費  1000円(どなたでも聴講可・途中からでも聴講可)

主催 大阪教区伝研の会【事務局 圓林寺 TEL 072-971-1080】

コメント 0件

情報をクッキーに保存する