第4組・久世見証

伝研の会 公開講座「一から読む『浄土論註』」第12回

大阪教区伝研の会 公開講座 第12回

一から読む『浄土論註』

はからずも「親鸞」と名のられた越後時代の宗祖。そこにおかれて、生活の現場を目の当たりにされた親鸞聖人は、天親菩薩から曇鸞大師へと受け継がれた浄土論、浄土論註の学びを深められました。
曇鸞は論註の冒頭に龍樹の開顕された難行・易行の道をあげて、易行道こそが私たちの存在そのものの難が明らかになったところにひらかれてくる道としていただかれました。
大阪教区伝研の会では、親鸞聖人が大切にいただかれた『浄土論註』を改めて一から読み進めていく公開講座を開催しております。

第11回からは時間が空きましたが、感染対策を実施して講座を再開することになりました。

また、第11回まで講師をしてくださっていた光川眞翔氏が諸事情により継続していただくことが難しくなりましたので、今回からは本明義樹氏を講師にお招きし『浄土論註』を読み進めていきます。

今回は、改めて今まで学んできた内容を振り返りながら講義をしていただけるということになりましたので、今回からのご参加もお待ちしております。

大阪教区伝研の会第12回公開講座 一から読む『浄土論註』

  • 日時 11月11日(水)午後6時~午後8時まで
    ※ コロナ対策として受付にて消毒・検温・記帳をしていただきます。余裕をもってのご来場をお願いいたします。
  • 会場 難波別院地下 講義室
  • 講師 本明(もとあき) 義樹(よしき)氏(東本願寺 聖教編纂室 主任)
  • テキスト 『解読浄土論註(改訂版)』蓑輪秀邦編東本願寺出版部 約3800円
    ※お手数ですが、各自でご準備下さい。
    大阪教務所もしくは東本願寺出版部へお問い合わせ下さい。 TEL 075-371-9189
  • 参加費 1000円(どなたでも聴講可・途中からでも聴講可)
  • 感染対策 大阪アラートが「赤」になれば公開講座を中止にいたしますので、大阪府のHPにてご確認下さい。
    当日はマスクの着用、受付での消毒・検温・記帳にご協力お願いいたします。
  • 主催 大阪教区伝研の会【事務局 圓林寺 TEL 072-971 -1080】

9月の「親鸞聖人に出遇う入門講座」は中止します

9月15日(火)に予定しておりました、継続聞思の会「宗祖親鸞聖人に出遇う入門講座~『歎異抄』に聞く~」は中止とさせていただきます。

コロナウイルスの流行の状況、難波別院が9月も各種講座の再開を見送っていること等を考慮し、中止の判断をいたしました。
誠に残念ですが、ご理解いただけますようお願いいたします。

尚、次回の開催は銀杏通信などでお知らせいたしますので、再開の折には、ご参加の程よろしくお願いいたします。

ようやく夏の暑さも落ち着いて、秋に向かっていく様です。
この様な状況ですので、皆様、くれぐれもご自愛下さいませ。

7月10日(金)の「親鸞聖人に出遇う入門講座」は中止します

7月10日(金)に予定しておりました、継続聞思の会「宗祖親鸞聖人に出遇う入門講座~『歎異抄』に聞く~」は中止とさせていただきます。

難波別院が7月の各種講座を中止すること、大阪の新規感染者が増加していること等を考慮し、中止の判断をいたしました。
再開のお知らせをしておきながら中止となりましたこと、誠に残念ですが、ご理解いただけますようお願いいたします。

尚、次回は9月開催で予定しております。
銀杏通信などでお知らせいたしますので、ご参加の程、よろしくお願いいたします。

この様な状況ですので、皆様、くれぐれもご自愛下さいませ。

7月から「パソコン相談室」を再開します

7月から「パソコン相談室」を再開します

既報の通り、真宗大谷派大阪教務所は2020年6月8日(月)より事務所を再開しました。(参照: 大阪教務所事務所の通常業務を再開いたします

コロナウイルスの流行は終息していませんが、用心しながら、7月9日(木)から下記の通り「パソコン相談室」を再開することとなりました。

  • 日時 毎月第2・第4木曜日 午後4時~6時
  • 場所 難波別院 同朋会館2階 青少年ルームの奥
  • 対象 真宗大谷派 大阪教区内 関係者

2月末から場所が難波別院同朋会館2階の新しい青少年ルームの奥になりました。
新しい場所で、ようやく「パソコン相談室」再開です。

実際に、ZoomでのWeb会議やネット配信の実験をしていますので、興味のある方はご相談下さい。

尚、相談内容によって、担当者の調整をしますので、あらかじめメールなどで相談内容をご連絡願います。

※ 7月23日(木・祝)の「パソコン相談室」はお休みです。

6月12日(金)の「宗祖親鸞聖人に出遇う入門講座」は中止します

6月12日(金)の「宗祖親鸞聖人に出遇う入門講座」は中止します

「緊急事態宣言」は解除されましたが、6月1日以降も大阪教務所並びに難波別院は閉鎖を継続されていました。しかし、昨日(6月8日)付けで通常業務を再開する判断がなされました。

継続聞思の会でも、さっそく「宗祖親鸞聖人に出遇う入門講座」の再開と行きたい所ではありますが、スタッフ・会場など諸々の準備が出来ておりません。
誠に残念ですが、6月12日(金)の「宗祖親鸞聖人に出遇う入門講座」も中止とさせていただきます。

今後の予定は、大阪教区ホームページ「銀杏通信」、『南御堂』誌などでお知らせしますので、ご参加の程よろしくお願い致します。

尚、5月14日(木)の中止の案内が出来ておりませんでした。
併せてお詫びいたします。

6月の「パソコン相談室」はお休みさせて頂きます

「緊急事態宣言」は解除されましたが、真宗大谷派大阪教務所は2020年6月1日(月)以降も、事務所を閉鎖することとなりました。(参照: 大阪教務所事務所の閉鎖を継続いたします

これに伴い、6月の「パソコン相談室」もお休みとさせて頂きます。(6/11、6/25)

「パソコン相談室」はありませんが、実行委員でWeb会議なども実験しています。
メールなどで対応出来るご相談は受け付けていますのでご連絡ください。
(※ 対象は、真宗大谷派大阪教区内関係者のみです)

5月の「パソコン相談室」はお休みさせて頂きます

「緊急事態宣言」の期間延長を受け、真宗大谷派大阪教務所は2020年5月7日(木)~5月31日(日)まで、事務所を閉鎖することとなりました。

(参照:特別措置法に基づく「緊急事態宣言」延期に対する 大阪教務所の対応について

これに伴い、5月の「パソコン相談室」もお休みさせて頂きます。(5/14、5/28)

「パソコン相談室」はありませんが、実行委員でWeb会議なども実験しています。
メールなどで対応出来るご相談は受け付けていますのでご連絡ください。
(※ 対象は、真宗大谷派大阪教区内関係者のみです)

4月の「パソコン相談室」はお休みさせて頂きます

新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」の発出を受け、真宗大谷派大阪教務所は2020年4月9日(木)~5月6日(水)まで、事務所を閉鎖することとなりました。
(参照:特別措置法に基づく「緊急事態宣言」に対する 大阪教務所の対応について

これに伴い、4月の「パソコン相談室」はお休みさせて頂きます。(4/9、4/23)

尚、メールなどで対応出来るご相談は受け付けています。(対象は、真宗大谷派大阪教区内関係者のみ)

大阪教務所・難波別院 5月6日までの新型コロナウイルスに関する対応について(4月1日分)

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に関する対応の継続について

このたび、全国的な感染が報告されている新型コロナウイルス感染症について、現在の感染拡大の状況を受け、本山においても、去る3月23日付けにて、「新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う宗派対応について【第2報】」が示され、5月6日までを目安に、引き続き現在の対応を継続することが決定されました。

つきましては、大阪教区においても、既に教区対応をご案内しておりますが、今回、改めて宗派方針に基づきまして、その内容を更に延長する形で、下記のとおり新たな方針を決定させていただきました。

特に、5月17日(日)に予定されている第46回同朋大会についても、1,000人を超える参加人数などを鑑み、関係諸機関との協議を重ねました結果、中止の判断をさせていただいております。

ご予定いただいておりました皆様におかれましては、お詫び申しあげると共に、何卒事情ご賢察のうえ、ご容赦賜りますようお願い申しあげます。

末筆になりましたが、皆様方におかれましても、御身ご自愛くださいますようお願い申しあげます。

大阪教務所長兼難波別院輪番
大町 慶華

中止する主な講座・研修会

※4月4日から5月6日までを掲載しています。

以前のお知らせは下記を参照願います。

大阪教務所・難波別院 4月4日までの新型コロナウイルスに関する対応について(3月3日追加分)

(1)教区主催

  • 【原子力問題を考えるフィールドワーク】4月4日(原発に依存しない社会の実現を目指す委員会主催)
  • 【同朋の会推進実行委員会主催 本廟奉仕研修】4月8日~9日(同朋の会推進実行委員会主催)
  • 【女性住職の集い】 4月9日(男女の共同参画を考える実行委員会主催)
  • 【教区声明講習会】 4月9日(儀式・法要部主催)
  • 【「在日」問題に学ぶフィールドワーク】4月13日(在日問題に学ぶ実行委員会主催)
  • 【聖典講座(真宗学)第6回】 4月15日(研修・講座部主催)
  • 【公開講座「儀式と教学」】 4月16日(教区教化センター 教学儀式研究班主催)
  • 【部落差別問題に学ぶフィールドワーク】4月16日(部落差別問題に学ぶ実行委員会主催)
  • 【全推進員の集い】 4月18日(全推進員の集いスタッフ会議主催)
  • 【部落差別問題公開講座】 4月21日(部落差別問題に学ぶ実行委員会主催)
  • 【聖典講座(仏教学)第4回】 4月30日(研修・講座部主催) ※天満別院会場
  • 【第46回大阪教区同朋大会】5月17日(同朋大会実行委員会主催)
  • 【子どものつどい】 5月23日(儀式・法要部主催)※併せて子ども出仕の募集も中止。
  • 【組門徒会研修大会】 6月18日(研修・講座部主催)※300人規模である為、特別に中止決定
    ※組門徒会員への開催案内はいたしません。

(2)別院主催(法要含む)

  • 【定例法話】4月7日・4月14日・4月21日
  • 【暁天講座】 4月10日
  • 【堺支院 前住上人御逮夜】4月12日 ※勤行のみとし、法話は行わない。
  • 【仏教讃歌の集い】 4月15日
  • 【堺支院聞法会】 4月18日
  • 【泉北仏教講座】 4月15日
  • 【日曜講座】 4月19日
  • 【真宗講座】 次回開催日未定
  • 【堺支院 宗祖聖人御逮夜】 4月27日 ※勤行のみとし、法話は行わない。
  • 【祥月法話】 4月28日 ※勤行のみとし、法話は行わない。

(3)所属団体主催

  • 【坊守会定例学習会】 4月6日 ※5月11日に延期。

(4)その他

  • 【正副組長会】 4月7日  ※中止については新任正副組長へ別途ご案内済。

教務所の開所・閉所時間

  • 【変更後】午前10時~午後18時30分 ※2月27日(木)~5月8日(金)まで

下記の日時順の表もご利用ください。
新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う、大阪教区内事業の中止・延期に関して

※ 銀杏通信掲載にあたり、掲載順、文言等を編集しています。

大阪教務所・難波別院 4月4日までの新型コロナウイルスに関する対応について(3月3日追加分)

4月4日までの新型コロナウイルスに関する対応について(3月3日追加分)

全国的な感染が報告されている新型コロナウイルスについて、厚生労働省の基本方針に基づき、本山においても、去る2月26日付けにて、「新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う宗派対応について」が示されました。

大阪教区においては、既に「新型コロナウイルスに関する対応について」をご案内しておりますが、今回、新たに宗派方針が示されたことに基づきまして、その内容を延長する形で、下記のとおり決定いたしました。

中止する主な講座・研修会

(3月10日~4月4日までを掲載しています。それ以前につきましては既報分をご参照ください。)

(1)教区主催について

  • 【教区声明講習会】3月12日(儀式・法要部主催)
  • 【邑久光明園交流会】 3月16日(ハンセン病問題に学ぶ実行委員会主催)
  • 【戦争展公開講座】  3月17日(戦争展実行委員会主催)
  • 【聖典講座(真宗学)第5回】 3月18日(研修・講座部主催)
  • 【得度受式後講習会】 3月25日(儀式・法要部主催)
  • 【聖典講座(仏教学)第3回】 3月26日(研修・講座部主催) ※会場 天満別院
  • 【『教行信證』を読む講義】 3月27日(教区教化センター主催)
  • 【教学研修院 公開講義】 3月31日(教区教化センター主催)
    開催日を5月27日(水)に延期
  • 【大阪 春のホームステイ】 3月30日~4月3日(原発に依存しない社会の実現を目指す委員会主催)
    期間中の「子どもお楽しみツアー」も含む。
  • 【三園合同花見】 4月6日(ハンセン病問題に学ぶ実行委員会主催)
  • 【全推進員の集い】 4月18日(全推進員の集いスタッフ会議主催)
    ※300人規模である為、特別に中止決定

(2)別院主催について(法要含む)

  • 【難波別院春季彼岸会法要】3月17日~20日
    各日勤行のみとし、法話は行わない。
  • 【堺支院 聞法会】 3月17日
  • 【難波別院堺支院春季彼岸会法要】3月20日
    勤行のみとし、法話は行わない。
  • 【堺支院 宗祖聖御逮夜】 3月27日
    勤行のみとし、法話は行わない。
  • 【祥月法話】 3月28日
    勤行のみとし、法話は行わない。
  • 【花まつり子ども大会】4月5日
    作品展(4月3日~5日)は開催
    4月1日~8日に花御堂を本堂前に設置

(3)所属団体主催について

  • 【児連 春の一泊研修会】(3月26日~27日)

教務所の開所・閉所時間

  • 【変更前】午前10時~午後18時30分 ※2月27日(木)~3月31日(火)まで
  • 【変更後】午前10時~午後18時30分 ※2月27日(木)~4月3日(金)まで

以上

末筆になりましたが、皆様方におかれましても、御身ご自愛くださいますようお願い申しあげます。

大阪教務所長兼難波別院輪番
大町 慶華

※ 銀杏通信掲載にあたり、掲載順、文言等を編集しています。

大阪教区内事業の中止・延期に関して

既報の通り、大阪教区及び難波別院は3月10日(火)までの主催する講座及び研修会等を中止・延期しました。
また、各種団体が主催する事業の中止や延期も銀杏通信に報告されています。

つきましては、銀杏通信に投稿された新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う、大阪教区内事業の中止・延期に関してのまとめページを作成しました。

尚、随時更新になりますので、最新の情報は、主催者にご確認ください。

3月13日(金)の「宗祖親鸞聖人に出遇う入門講座」は中止します

コロナウィルスの感染拡大防止の為、3月13日(金)の「宗祖親鸞聖人に出遇う入門講座」はお休みにさせて頂きます。

次回は、5月14日(木)を予定しておりますので、よろしくお願い致します。

10月10日(木)のパソコン相談室は引っ越しの為、お休みします

11月1日(金)の難波別院(南御堂)山門”開”館に向け、難波別院では着々と準備が進められています。

現在、ホームページ実行委員会の「パソコン相談室」は難波別院の「事務所会議室」をお借りして開かせて頂いてますが、この度、場所を変更する事となりました。急なお知らせですが、10月10日(木)のパソコン相談室は引っ越しの為、お休みしますので、ご理解願います。


大阪教区教化委員会 広報・出版部 ホームページ委員会では、毎月第2・第4木曜日午後4時~6時、難波別院にて「パソコン相談室」を行っています。

対象は真宗大谷派大阪教区内関係者です。

相談に来られる場合は、前もって相談内容を電話等で大阪教務所までお知らせください。
担当スタッフの調整を致しますが、対応出来る範囲に限度がありますので、御諒承願います。

「親鸞フォーラム」が大阪へ!

第1回 親鸞フォーラム in OSAKAsinran_forum_inOSAKA_A4_1102

この度、新たに落成する難波別院の門にあわせて、開門プロジェクト「『御堂“開”館WEEK』~おいでーや南御堂~」の一環として、2019年11月2日(土)午後1時20分より「親鸞フォーラム in OSAKA」を開催致します。
親鸞フォーラムは、毎回異なるテーマを取りあげながら、仏教者と各専門家との対話を通して「生きていくヒント」を考えていくシンポジウム。東京教区にて真宗大谷派真宗会館主催で2009年から始まり、福岡でも開催されました。[真宗会館 親鸞フォーラム 参照

仏教×勇気

テーマは「仏教×勇気」。

パネリストに脚本家・小説家の和田 竜 氏、精神科医の名越 康文 氏、大谷大学学長の木越 康 氏。コーディネーターは真宗大谷派聖教編纂室主任編纂研究員・本明 義樹 氏が務めます。

生きづらさが叫ばれるこの時代、生きる勇気となる糸口を、それぞれの視点から探っていくスペシャルフォーラムです。

詳細、参加のお申し込みは第1回 親鸞フォーラム in OSAKA 特設ページへ。

人命救助で花時計賞

神戸新聞NEXTによりますと、第8組願正寺住職・戸田直夫さんに神戸市灘消防署から人命救助で花時計賞が贈られました。

記事によりますと、

 4月26日午前11時15分ごろ、ゴミ収集車を運転していた男性が心肺停止状態になり、同市灘区天城通8の交差点で電柱に衝突した。事故を目撃した戸田さんは車のドアをこじ開け、妻と協力して男性に心臓マッサージをした。素早い救命処置が功を奏し、男性は救急隊員らの到着後に脈と呼吸を取り戻した。現在は退院し、社会復帰しているという。

神戸新聞NEXTホーム > 地域 > 神戸 > 運転中に心肺停止、電柱衝突の男性 住職が救命

とのことです。

坊守様は2ヶ月前に教区の若坊守研修会にて救急救命入門を受けたばかり。とても役に立ったとコメントをいただきました。