年頭のご挨拶 2019年

Pocket

教区・組教化委員会の情報共有と連携教化を

謹んで新春のお慶びを申し上げます。minamimido_201701_01_cut

昨年は、各地で自然災害が発生しました。被災された皆様には、心よりお見舞申し上げます。

大阪教区教区教化委員会は、教化の方針を「出向く教化」と定めて「組教化推進部」員が各組にお伺いして教区の教化事業を紹介するとともに、組の実情に合わせた事業の展開を共に考えさせていただいています。お陰様で、「出向く教化」事業が増えてきたことを大変嬉しく思っています。今後は組教化委員会と連携した事業の推進が大切になってまいります。

その点で昨年は、組同朋の会教導の皆様方との懇談会を開催しましたが、今年は組教化委員長の皆様方との懇談会を予定しています。教区と組において、教化事業にご尽力いただいている皆様方との情報共有と連携の強化が、新教化体制のスローガン”現場が主役!つながる教区教化”の実現に向けて重要な事項であると考えています。

また難波別院では本年11月1日に山門と一体になった新施設がオープンします。別院では10月25日の報恩講初日から11月4日までの期間を「(仮称)南御堂親鸞ウィーク」と名付け、新施設のオープンを教区内の皆様方は言うに及ばず、広く一般の方々に周知するための行事を予定しています。

新施設はコンセプトを“門”と位置付け仏教の発信基地を目指しています。広く一般社会との接点を意識した「仏教入門道場」の開講に向け、現在「プレ入門道場」を開設し情報の収集と準備を進めています。

皆様方の深いご理解とご支援を切にお願い申し上げます。

大阪教務所長・難波別院輪番
宮浦 一郎

コメント 0件

情報をクッキーに保存する