第2組報恩講 執行

Pocket

2019年11月14日(木)午後5時30分から、阿倍野区の即應寺(藤井真隆住職)に於いて、2組合同の報恩講が、組内の住職や寺族と門徒・推進員37人が参加し執行されました。
海老海 恵幸組長(了安寺住職)の開会の挨拶の後、正信偈真四句目下、念仏讃淘五、和讃「五十六億七千萬」次第六首、回向「願以此功徳」が力強く勤修されました。

その後、講師に竹中慈祥先生(長浜教区 眞廣寺住職、難波別院
法務部長)を迎え、「真について」という講題でご法話を頂きました。

時々、参加者の笑いを誘いながら、私たちには真(まこと)は無いこと、偽(いつわり)と仮(かり)しかないことをご自身の失敗を例に引きつつ、話されました。

最後に、お斎を皆でいただいた後、同朋総会が開かれ、法話についての感想や、お寺への要望等の意見が出されました。竹中先生からは、新しく建てられた難波別院山門(上層部ホテル)についての話をお聞きしました。最後に、中嶋ひろみ門徒会会長より閉会の挨拶があり、解散いたしました。

(レポート/写真:細川克彦〈佛足寺門徒〉)

コメント 0件

情報をクッキーに保存する