第21組・勝間弘章

沖縄の海はとてつもなく綺麗でした。

21組では2019年1月30.31日と沖縄への現地学習を行いました。

21組の教化事業の一つ「社会問題を考える会」で例年行われている行事です。

社会問題を考える会では太平洋戦争を振り返る事から現代の問題をあらためて見つめるフィールドワークを毎年行っており、基本現地集合・現地解散の乱暴な研修ですが、その分濃い内容の学習を心がけています。
2015年東京防衛省・靖国神社・千鳥ヶ淵、
2016年長崎、
2017年広島、
2018年岐阜に続き、
2019年の今年は沖縄へ向かいました。太平洋戦争を学ぶ上で外せない場所であり、現代にも問題が継続している場所です。

初日に首里城~旧海軍司令部壕~東本願寺・沖縄別院~普天間基地の見える嘉数高台公園~辺野古の海を。
二日目は糸数アブチラガマ~沖縄県平和祈念資料館~ひめゆりの塔~慶座絶壁~南風原壕群20号の計10カ所を足早に回りました。

琉球王国の政治、外交、文化の中心地として威容を誇った首里城。ここもまた1945年の沖縄戦で灰燼に帰し、1992年沖縄の本土復帰20周年を記念して国営公園として復元され、現在は世界遺産として登録されています。たまたま御内原(おうちばら)などの首里城「奥」の世界が復元公開されるタイミングで、外国人旅行者もたくさん訪れていました。往年の琉球王国もこのように国際色豊かであったのだろうと、しのばれます。

次は旧海軍司令部壕、有名な「沖縄県民斯ク戦ヘリ 県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ 賜ランコトヲ」の大田司令官の海軍次官への電文が発せられた場所で、1970年から修復・公開が行われています。旧軍は硫黄島での地下壕持久戦に活路を見いだし、米軍を水際での迎撃ではなく陸地に引き込んで地下壕による持久戦術を沖縄戦で採用しました。この壕の建設も1944年8月と終戦の1年前であり、本土決戦への時間稼ぎのためのものでした。このことが当時の沖縄県民に多大な犠牲を強い、そして「かく戦えり」の電文へとつながりました。
ほとんどの沖縄で戦った軍人が沖縄県民のことを考えていなかった中、異色の司令官であったのは確かでありますが、後世に特別の計らいどころか、終わらない戦後が今に繋がっている、と知れば大田司令官はどう思うのでしょうか。
http://kaigungou.ocvb.or.jp/

次に、終わらない戦後、を見に行きます。
「世界一危険な飛行場」、アメリカの国防長官をして、どうしてこんな町中に、と言わしめたのが米軍普天間基地です。海兵隊のヘリコプター部隊の拠点でオスプレイも配備されています。この日も飛行はしていませんでしたが、駐機してるのは嘉数高台公園からもみてとれました。普天間の発着かは確認できませんでしたが、ヘリや軍用機が飛ぶのは本州ではみない回数目撃しました。この飛行場の隣接する場所には沖縄国際大学があり2004年には米軍のヘリコプターが墜落、校舎が破壊されています。たまたま休暇期間中でキャンパス内に学生がいなかったため職員・学生に死傷者は出ませんでしたが、普天間で事故は起きていました。私は不勉強で今回沖縄に行くまでこの事故を知らなかったのですが、この時も米軍はいち早く事故現場を囲い込み、日本の警察・消防は近づくことも出来なかったそうです。
https://www.odnsym.com/spot/kakazu.html

最後は、辺野古の海を見に行きました。米軍キャンプシュワブの沖にある海で、普天間基地の移設先として埋め立て工事が始まっています。ここには埋め立て反対運動のテント村があり、そこの女性に状況や問題の説明を受けました。とても静かなトーンでかなりの情報量を過不足無くお話いただき、本州で報道されていない部分のことも教えていただきました。

個人的なことですが、沖縄は人生初であり、ほんとうに海の美しさに圧倒されました。本島の中北部には(米軍基地が多いせいもありますが)開発されていない、美しい自然が残りリピーターが多いのもうなずけました。辺野古にとどまらず、この海は後世に残るべきものだと感じた研修です。

二日目へと続きます。

おまかせ!出張相談室 in 光圓寺

いくつになっても知りたい、わかりたい、使いこなしたい、というのは人間の根源的な欲求です。大仰な始まり方をしましたが、去る2019年2月12日(火)ホームページ部は依頼があり、出張パソコン相談室in光圓寺を開催いたしました。
前回に引き続き19組さんの教化事業に出張相談室です。

会所の光圓寺さんに集合し、16時に参加者9名でスタート。今回は「ホームページ作成について」というテーマで 3名のホームページ委員のリレー形式で講習いたしました。

ご挨拶のあと、最初にインターネット・ブログ・SNSの違いと、それぞれの使い方・特徴を説明しました。

次にインターネットの仕組みについてかなり突っ込んだ話をしました。HTML言語やドメインなど複雑ではありますが技術の根幹にある部分の説明、とても重要です。

休憩を挟んで 今回のメインとも言えるホームページをこの場で作成する実演です。この部分は口頭の説明は難しいのでプロジェクターに投影したパソコン画面を見てもらいながら無料ホームページ作成サービスを利用して登録・ログインするところから始めました。なかなかに難しいテーマですが熱心に聞いていただけたと思います。

最後にホームページなどで情報発信するにあたっての注意事項「ITリテラシー」についての話をしました。個人ではないお寺、僧侶としての発信なので自由ではあるが守るべき規範があり、それを逸脱してしまうと“ネット炎上”につながってしまうという話でした。

参加者の方からも休み時間・終了時間後に質問もあり有意義な講習となりました。

ホームページ部では 今後とも出張パソコン相談室など出向きますので、各組関係各位の方はご依頼下さい。スタッフがご説明・講習に伺いますよ。

またホームページ部は毎月第二・第四木曜日に16時~18時、難波別院内でパソコン相談室を開催しております。寺族でパソコン・デジタル機器の操作・利用でわからないという方は是非一度お越し下さい。ただちに優秀な探偵、もといホームページ委員がご説明いたします。ご利用の際は大阪教務所に先にご連絡いただくか、銀杏通信にメールでお知らせいただくと、スムーズに進むかと思います。

皆様のお越しをお待ちしております。

第21組 お念珠作り練習中

来る10月4日㈭、堺南御坊にて執り行われる手作り念珠講座(主催 21組教化委員会)に向けて、スタッフの事前研修会が南通寺にてありました。

今回は腕輪念珠です。
(写真右から)

トラメ石

赤トラメ石

人工ラブラドライト

爆烈水晶

これら四種類を用意します。
参加募集等の詳しい情報は後日21組の組会にて発表いたします。

(文章 荒川裕信)

第21組坊守会総会が開催されました。

2018年7月10日、堺南御坊において第21組坊守会総会を開催。前年度の事業・会計報告に続き、今年度の事業計画案・予算案が承認されました。

 
総会後は第12組清澤寺住職、澤田見氏を講師にお迎えし、「真宗にとっての供養」を講題に『歎異抄』第五章:父母の孝養についてお話いただきました。無数の命のつながりがあって今、私が存在すること。亡き人を案ずる私が、亡き人から案じられていること。そのことに気づくことこそが“供養”であるということでした。日頃何かにつけて「私が、私が」と過ごす身にとっていろいろと考え直す機会となりました。

澤田氏の座右の銘
“人、見るもよし 見ざるもよし されど我は咲くなり” なかなか難しい。

(文章 中島典子)

第21組推進員養成講座 後期教習 3日目

三日目は晨朝の時から暑く、少しお疲れが見え始めた参加者の方々でしたが、

無事に日程を終えることが出来ました。

 

特に前日夜遅くまでかかり作成した宣誓文を御影堂内、親鸞聖人の前で宣誓する時は

暑い中でしたが堂々としたものでした。

その後、最後の高橋先生の講義を聞き、今後の目標を指し示しつつ日程終了となりました。

 

6月末とはいえ本当に暑さが厳しく、普段慣れない生活・日程でクタクタであったとは思いますが、

解散式のときには、皆さんすがすがしいお顔であったように思います。

我々スタッフも素晴らしいご縁をいただいた三日間でした。

 

 

第21組 研修旅行 推しメンは晶子!?

さる2018年5月30~31日と21組では、毎年恒例の一泊研修旅行が行われました。今年は和歌山方面で新宮~太地町~串本と回りました。

 

初日は今回の主題である高木顕明師の新宮・浄泉寺で研修、臨済宗のお寺さんと合同でした。えらくお坊さんっぽいのは21組の方々ではありません。

この研修に先立って21組では学習会が行われていたのですが、やはり出来事のあった場所でのお話は新たな発見があり、まさに事件は現場で起きている!と感じました。

特に驚いたのは新宮に21組の地元堺出身の与謝野晶子さんが来ていて高木顕明師と会っていたかも、という事実。

日露戦争に出征した弟を案じて書かれた与謝野晶子の『君死にたまふことなかれ』に強く感銘を受けた高木顕明師は、写真から写した晶子の絵像を表装して残したほどでした。言葉に感銘したと同時に晶子の生き方にも魅力を感じたのでは無いでしょうか、今ならさしずめ“推しメン”といったところでしょうか。

 

2日目は太地町のくじら博物館と串本の海中公園で和歌山の海の文化を満喫しました。太地町は数百年の捕鯨の歴史があり、それを学芸員の方にご説明いただきました。

インターネットの世界になり、居ながらにして種々の情報にアクセスできるようになりましたが、やはり現地で感じることは特別だと感じた一泊二日でした

物言えば唇寒し、といいますが。

報告が遅れましたが、21組では2018年1月30.31日と東海方面への現地学習を行いました。
21組の教化事業の一つ「社会問題を考える会」で例年行われている行事です。社会問題を考える会では太平洋戦争を振り返る事から現代の問題をあらためて見つめるフィールドワークを毎年行っています。
2015年東京防衛省・靖国神社・千鳥ヶ淵、2016年長崎、2017年広島についで今年は岐阜へ向かいました。目的は2つあり一つは玉の火薬庫の見学、一つは竹中彰元氏のお寺を訪ねることでした。

玉の火薬庫
『関ケ原鍾乳洞から車で2、3分進むと玉の火薬庫跡があります。火薬庫の正式名称は「名古屋陸軍兵器補給廠関ケ原分廠」でした。明治末期から大正初期にかけて建設されました。関ケ原が選ばれた理由は、東海道本線に近く交通の便がよく、付近に民家もない。また、地形的に小高い山が点在し土塁の構築に適していたからだそうです。洞窟式火薬庫は小山を掘り、内部にコンクリートを流し、上部は山土で覆った後、植栽し山林のようにカムフラージュしたそうです。そのため、最後まで空爆を受けることなく残りました。終戦後、進駐軍は「玉の火薬庫」の存在に驚いたと伝えられています。(関ヶ原観光WEBより)』
近隣の方は自分の田畑にも自由に入ることが出来ず、ずいぶんと苦労されたとのことでした。

玉の火薬庫

竹中彰元氏
『日中戦争がはじまった1937(昭和12)年7月、大多数の宗教者が戦争に協力していく中で「戦争は罪悪 この戦争は侵略である」と説き、検挙された僧侶がいた。真宗大谷派の高僧・竹中彰元。警察の追及にも信念を曲げず、本山からも布教使資格のはく奪処分を受けて、1945年にこの世を去った。長らく忘れられていた彰元の行動が再び脚光を浴びたのは70年近くが過ぎてから。300ページにおよぶ当時の取り調べの記録が寺でひそかに保管されていた。そこには、事件当時の関係者の証言と共に彰元の信念も赤裸々に記録されていた。地元の人々や多くの宗教者たちの熱心な運動により、去年10月、本山はついに彰元の名誉回復に踏み切る決定を行う。彰元が検挙されて、実に70年ぶりのことだった。(NHK「戦争は罪悪である ~ある仏教者の名誉回復~」より』

明泉寺

竹中氏の事績を研究されている方からお話を伺ったが、彰元氏の特徴的なところは特定の思想家や社会主義活動家の影響が見られず、純粋に仏教・浄土真宗の教えからの言動である、という事実です。
翻って我々はどうでしょうか。“物言えば唇くちびる寒し秋の風”は芭蕉の句ですが、これは余計な事を言って災いをまねくという意味の表現になっています。余計なことを言わないのは確かに大事なことですが、大事なことを適切な時と場所で果たしていえるでしょうか。幸いな事に現代日本ではたいていの事を発言する自由はあります。でも時に流れにのまれ、言葉をのむときも少なくありません。竹中彰元氏の事績は現代に生きる我々に大きな示唆を与える、そう感じた研修でした。

解決!出張相談室 in林光寺

いくつになっても知りたい、わかりたい、使いこなしたい、というのは人間の根源的な欲求です。

大仰な始まり方をしましたが、去る1月18日㈭ホームページ部は19組から依頼があり、出張パソコン相談室in林光寺を開催しました。

昔は数度あった出張相談室ですが、今回は久しぶりいうことでスタッフ一同気合いをいれてのぞんでおります。気合いの現れはスタッフ5名、説明用のパソコンが4台、モニター1台、プロジェクター3台というところに現れています。

会所の林光寺さんに集合し、15時にスタート。一応初心者コース9名、応用コース11名ということでしたが、初心者コースの方は随時、疑問・質問に答えていくスタイルで進み、応用コースは講義形式ですすみました。

休憩を挟んで後半は、寺族向けのアプリやデジタル機器の説明。普通のパソコン教室では聞くことが出来ない寺院向けの内容ということで、関心をもって受講していただけたのではないかと思います。

2時間という短い時間で要望の多かったホームページの作成までは、たどり着けませんでしたがそれは次回以降、あるいは難波別院でのパソコン相談室でということで終わりました。

ホームページ部は毎月第二・第四木曜日に16時~18時、難波別院内でパソコン相談室を開催しております。寺族でパソコン・デジタル機器の操作・利用でわからないという方は是非一度お越し下さい。ただちに優秀な探偵、もといホームページ委員がご説明いたします。ご利用の際は大阪教務所に先にご連絡いただくか、銀杏通信にメールでお知らせいただくと、スムーズに進むかと思います。

皆様のお越しをお待ちしております。

21組の新年度の夜明け

平成29年3月10日(金)、21組の一つの大きな節目となりました。

3年間の任期を終え、日野廣宣組長並びに副組長のお二人が勇退されました。日野組長は、おそらく教区内最年少で就任し、教区会なども精力的に活動しておりました。組内でも教化委員会を中心に様々な事業を実施してきました。

21組では、年間10回ほどの組会、毎月の教化委員会、その他各種事業の実行委員会などが行われ、精力的に教化活動・研修を行っております。もちろん、各種の会議ではよりよい内容を目指して激論が闘わされています。各人が最良を目指して行動することで21組の活動は活性化していくと考えています。

教化委員会に続く組会の最後、選挙が行われ3年間、21組を代表する松井聡新組長が選出されました。松井組長を中心に2017年度からは、第3回目の推進員養成講座など新規事業を立ち上げ21組はさらに躍進していきたいと思っています。

IMG_0908IMG_0909

第21組 第9回お寺入門講座

去る2017年3月6日(月)、第9回目のお寺入門講座が行われました。光照寺、日野廣宣住職を迎えテーマ「親鸞聖人のご生涯」についてお話しいただきました。連続4回目の今回は関東から京都での入寂までで、近年の説も交えわかりやすくお話しいただきました。

お寺入門講座は、比較的入寺暦の浅い寺族を対象に親しみやすいテーマで、さらに寺族同士の交流の場として実施してきました。3年間で計9回と決して実施回数は多くは無いですが新たな学びの場として、交流の場として活用されてきました。

そのお寺入門講座ですが、今回を持って事業を終了することとなりました。21組教化委員会では、組長交代の3年ごとに教化事業を見直し、より効果的で求められる事業を取捨選択しています。この講座に関しては、①寺族交流の学びの場としては坊守会などに移ったこと②次年度以降、推進員養成講座を予定していること を理由に終わることになりました。様々な事業を継続することは重要ですが、ただ継続だけが目的となって内容が無くなったり、求められなく事業は本末転倒です。時間・人員・予算など限られたリソースをより効率的に活用していくため、今後とも21組教化委員会は事業を精査しよりよい教化事業を実施していきます。

IMG_0901 IMG_0899

第21組 人権研修 「インターネットは諸刃の剣である」

「インターネットは諸刃の剣である」

さる2/22、21組で人権研修会が実施されました。

今回のテーマは「インターネット上の人権侵害について」、堺市の人権推進課の八木則之さんを講師に迎えお話いただきました。

冒頭の言葉はお話の最初に言われたことで、我々、宗教などと同様、インターネットは人の生活を豊かに幸せにもしてくれる反面、人を傷つけ不幸にもするものであるということでした。

テーマが重いので、掴みとして講師に同行して来られた堺市の職員川添さんの手品からスタート。東日本大震災の際にもボランティアとして慰問に回っていたとのことで、リラックスした雰囲気で始まりました。

ネット用語などのかなり初歩的なところから始まり、ネットいじめの実態などの話など具体例を交えての内容でした。

最後に今後の取り組みについて、法的な整備とともに、草の根の啓発活動が重要である結ばれました。媒体が変わっても使うのはあくまで人間、機械がいじめを作るのではなく、人間がいじめを生む構図は変わらないのだ、と感じた研修でした。

手品全景講師

第21組 社会問題を考える会 研修旅行その2

初日の呉、大和ミュージアムなど、二日目午前中は広島市内に続いて、午後は新幹線と在来線、船を乗り継ぎ大久野島まで足を伸ばしました。

この島は最近メディアでも取り上げられることの多い所で、理由は1000羽を超える野生のうさぎがいるからです。特に海外では有名で、この日も外国人の姿が散見されました。

発電所とうさぎP1020813P1020839P1020837

もちろん我々は研修なので、目的はうさぎではなく、もう一つのこの島の顔、旧軍の毒ガス製造工場でした。

戦前、毒ガスの研究・製造は最高機密とされ、この島は存在そのものが隠蔽され“地図から消された島”とも呼ばれています。

資源の乏しい日本軍では毒ガスは安価で効果的な兵器として研究が進められ、実戦でも使われていました。研究・製造には巨大な施設も必要で特に発電所は大出力のものが建造されました。

元々、発電所日清戦争時に防衛施設として砲台が築かれた大久野島は毒ガス製造に際して、全島民が強制移住させられ完全に軍管理の島となりました。さほど大きな島ではないので、本土から船で通う軍属もいたようですが、厳しい守秘義務を課されていたのと、戦犯として裁かれることを恐れ、証拠隠滅を徹底したため、長らくこの島は忘れられていました。ウサギの島として有名になったことが、毒ガスの島という歴史を掘り起こしたともいえます。

 

ただ、大久野島の戦争遺跡は保存されず、現状のまま朽ち果てるままになる事が決まっています。形があるものは人の目に触れやすいですが、形を失ったものは人に訴える効力が薄れます。かといって、全てを残すこともできない。後世に歴史を伝えるのは難しい、と感じた今回の研修でした。

弾薬庫P1020832 

21組のこれからを担う

去る7月12日と9月8日に、第6回と第7回の21組お寺入門講座が堺南御坊で開催されました。

「親鸞聖人のご生涯」を題にリレー方式で、誕生から比叡山時代を新在家教蓮寺住職の天津良嗣さんに、吉水時代から越後時代を真宗寺住職の足利尊さんにお話しいただきました。
リレー方式の範囲は、担当者の裁量なのでお生涯の最後まであと何回になるかわかりませんが、続いていきます。

参加は述べ14人、スタッフが述べ8人でした。

「お寺入門講座」は結婚などを縁にお寺に住むことになった方々を中心に開いている講座です。
この講座は、参加者の学習とともに、参加者同士の交流の場となっています。女性の方・子育て世代の方が参加しやすいように、開始時間を11時に設定するなど工夫をしています。
今回も真剣に講師の話を聞きノートを取る姿が見受けられ、講座修了後は、昼食のサンドウィッチをいただきながら、楽しそうな交流の場となっていました。

image image image

21組と難波別院の将来

さる2016年9月2日(金)17:00より、堺南御坊において、21組組会ならびに教務所長巡回が開催されました。

 

21組38ヶ寺36名の住職のうち33名が参加という高い関心の中の組会・所長巡回でした。

 

各住職からは熱心な質問があり、限られた時間ではありましたが濃密な質疑応答が行われました。全てが解消するとはいかないですが、21組の取り組みと教区、難波別院への想いが幾分かは相互理解出来たかと思います。

 

個人的には難波別院御堂会館の建て替え工事に関する教務所長の説明が、なんとも苦しくなんとも切ないものに感じられました。

image image

ホームページ通信員を対象とした研修会を実施しました。

去る6月7日(火)16時から青少年ルームに於いて、第3回目の「通信員を対象とした研修会」を実施しました。参加は20名でした。

2015年image1月の銀杏通信ホームページのリニューアルにともない大阪教区各組・各団体に依頼し、通信員を配置していただきました。通信員に各組・各団体の告知・行事などの記事作成、銀杏通信へのアップをしていただくことで、銀杏通信ホームページの内容の充実を図るのが目的です。

各通信員の方の尽力によりリニューアル後は記事の更新頻度が上がり、より幅広い内容の情報が発信されるようになりました。

 

 

 

image 今回の研修会では、第1部でホームページ部の久世見証氏・澤田見氏によるスマートフォン・タブレット端末による記事作成・アップの操作方法について、第2部では第2組光照寺住職:墨林浩氏による「記事作成の心得について」の講義を実施しました。

より手軽により迅速に記事をアップするためにスマートフォン・タブレット端末による操作を学ぶ一方で、銀杏通信という真宗大谷派・大阪教区を代表する場所に記事を投稿する心構えを学びました。

今後ともホームページ委員会は研修会を実施し、銀杏通信の充実を進めていきます。

墨林浩氏