あゆみの会 第2組朋友会との合同研修会 開催

Pocket

2024年6月25日(火)午後1時30分から、天王寺区の佛足寺で、あゆみの会と青年住職の会(朋友会)合同の研修会が開催、合わせて14名が参加しました。

真宗宗歌で開会、藤井住職(即應寺)の開会挨拶をいただき、本日の講師、清水住職からお話をいただきました。

冒頭、ご住職から、住職を前住職から引き継いで、今まで間接的であったお寺の仏事が、我が身に関わって、その寺院経営とご門徒との関りに痛感したことを、あわせて特に今日置かれている寺院の状況について触れながら話されました。

休憩後は、問題提起としてお話いただいた、寺院の興隆に関して、経営と仏事や、相続。そしてご門徒の減少、第2組の共同教化や推進員養成講座開催をどうするかなど、多岐にわたって、真剣に話し合われました。結論は出ませんが、今後も継続して寺院や第2組仏事の興隆について、ご一緒に追求していくことを、参加者が確かめ合い、あゆみの会細川克彦会長から閉会の挨拶があり、恩徳讃で修了しました。(レポート・写真:本持喜康〈即應寺〉)

コメント 0件

情報をクッキーに保存する