第12組・澤田見

第12組・澤田見のプロフィール

教化委員会広報・出版部幹事。
趣味は本・旅・酒。
1968年生まれ。大阪教区第12組・清澤寺住職。

教区基本テーマ&慶讃法要テーマが決定!

宗祖親鸞聖人御誕生八百五十年・立教開宗八百年慶讃法要基本計画策定委員会において、教区の慶讃法要をお勤めするにあたっての基本方針を策定する中、「慶讃法要テーマについての小委員会」が設置され、教区慶讃テーマが決定されました。このテーマは同時に教区基本テーマでもあります。

ロゴのダウンロードはこちらから

テーマ趣旨文

大阪教区慶讃テーマについて、真宗門徒であるかどうかに関わらず、また世代を問わず、誰もがわかる言葉であらわしたいという思いのもと話しあいました。その結果、本山の慶讃テーマに、大阪教区独自の「みんなに願いがかけられている」という言葉を加えて、テーマといたしました。

願い

テーマを読んだ人にとってこの「願い」という言葉は、例えば親が子にかける「願い」であるとか、世間がわたしに強いる「願い」など、一般的な解釈をされる場合も多いと思われます。そういう「願い」が重荷になったり、抑圧を生むものとして否定的に働くということも考えられます。しかし、あえてそのように広く理解されることを受け入れたいのです。そしてそれでも、「願い」という誰もが使う言葉を深め、いのちの根底で響きあう、すべての人に通じる「願い」を感じとってもらいたいと思います。テーマを読んだ人が思うさまざまな「願い」が、如来の本願に繋がっていることを表現していくことが、大切な課題となるのではないでしょうか。

すべての人と共に

また最初の呼びかけの言葉を「みんな」といたしました。この言葉を選んだのは、「すべての人と共に」ということを強調したいがためです。情報が洪水のように溢れかえる中、逆に個人が孤独・孤立をますます深めているのが現代社会です。しかしその中で苦悩するすべての人々に、等しくはたらいてくださるものが確かにある。個々の違いをそのまま認めあいながら、それでも共に輝いていけるのだという希望を、「みんな」という言葉に託しました。

 

わたしの願いって なんだろう?
あの人の願いって なんだろう?
わたしはどんな願いを かけられているのだろう?

願いに気づけて こころふるえる時も
かけられた願いの重さに 悩む日も

わたしが生まれてきたこと
それだけは ほんとうだ
そう わたしは願われて生きている

わたしも あなたも
たいせつなともだちも 見知らぬあの人も

みんなに 願いが かけられている

第1回北河内ブロック研修会の報告と動画

大阪教区北河内ブロックの第1回の研修会が、先日2022年6月3日(金)15:00~17:00、天満別院にて行われました。参加者は37名(うちオンライン聴講3名)でした。詳しい内容は下記PDFをご覧ください。

その時の山口知丈氏の講義(講題:「出向く教化」とブロック別協議会への願い)と、後半行われたパネルディスカッションの模様を動画で配信いたしております。こちらもぜひご覧ください。

第1回北河内ブロック研修会報告書

第1回北河内ブロック研修会の報告書

平野修化身土巻講義・第Ⅱ巻を上梓!

広報出版部では先日、平野修師の化身土巻講義『親鸞の出遇った世界―浄土真宗』第Ⅱ巻を発行いたしました。

頒価は2,300円(送料別)となっております。この機会にぜひお買い求めください。

ご注文は大阪教務所(TEL06-6251-4720/FAX 06-6251-4796)または、osaka-shuppan@higashihonganji.or.jpまで。

→詳しくはこちらをご覧ください。

獅子吼の会「三夜連続法話の会」開催のお知らせ

下記の通り「三夜連続法話の会」を行います。今回は「お寺の掲示板より~先人のことばに学ぶ」と題し、先生方のお言葉から各会員がお話します。YouTubeでのライブ中継もいたしますので、聴聞くださいますようご案内いたします。

現代法話研究会・獅子吼の会

日 時:3月7日(月)~9日(水)16時~18時
    3月14日(月)~16日(水)16時~18時

場 所:天満別院(大阪市北区東天満1-8-26)

ライブ:YouTube獅子吼チャンネル

 

詳しいお言葉と担当者は以下の通りです。

【お知らせ】教化に関するアンケート(寺院用) ご協力のお願い[5月1日まで]

現在、教区教化センター・教区教化点検班では、大阪教区内寺院・教会の住職・教会主管者、代務者、坊守、候補衆徒、坊守、前住職、前坊守、衆徒の皆様を対象とした「教化に関するアンケート」を実施しています。

①「教化センターだより」
②「お寺での 生活(活動)と、ご門徒との関わり

について、

皆様のご意見や、不安・悩みの声をお聞かせいただき、これからの教区教化の一助にしていきたいと考えています。

何卒ご協力 のほどよろしく お願い 申し上げます。

下記URLのアンケートページから も ご回答いただけます。
https://forms.gle/GZCsGn8D85ayuAZr9
[回答期限] 2022年5月1日

大阪教区教化センター 教区教化点検班

謹賀新年@ちいちの華

あけましておめでとうございます。

本年もちいちの華をよろしくお願いいたします。立華のお手伝い、講習会の講師派遣などご希望があればお知らせください。

今年も会員が立てた修正会のお華を紹介いたします。

ちいちの華フェイスブックページ:https://www.facebook.com/Chiichinohana
※こちらでも季節の仏華を紹介しております。ぜひご覧ください!

『生死出ずべき道』がweb上でも読めるように

一楽真先生講述の『生死出ずべき道―コロナの時代、私たちはいかに生きるべきか』(第12組発行/頒価200円)をhtml化したものを公開しました。今までもPDFで公開していましたが、さらに普通のブラウザでも読めるようになりました。ぜひご一読ください。

http://www.icho.gr.jp/yomu/bunko/ichiraku_2

一楽真先生の講録『生死出ずべき道』を発行

大阪教区第十二組では、一楽真先生講述の冊子『生死出ずべき道―コロナの時代、私たちはいかに生きるべきか』を発行いたしました。宗祖親鸞聖人の生き様を通して、今私たちがどう生きるべきかをお教えくださる、まさに今の時機に応じた内容となっております。ぜひご一読ください。

→こちらより全文が読めます(PDF)

なお、残部を頒布しております(一冊200円)。新型コロナが予断を許さない状況で、ご門徒へ真宗の教えをお伝えする機会も残念ながら減少してしまっています。そんな中、この冊子が少しでも各寺院の教化の一助となれば幸いです。

→ご注文ページ

大阪教区第十二組教化委員会

本日19時より法話生配信!

本日(6月19日)19時より、「東京×大阪 法話セッション「おのおの十余か国のさかいをこえて」のライブ配信を行います。みなさま、ぜひご覧ください。21時すぎごろ終了予定。

1席30分の法話セッションです
【日 時】
   6月19日(土)19時〜
【法 話】 
   大阪 上本賀代子(安樂寺・松原市)、 宮部 渡(西稱寺・門真市)
  東京 土肥真(光照寺・茨城笠間市)、小林尚樹(光明寺・東京江東区)
【主 催】
   大阪獅子吼の会、浄土真宗Live

ちいちの華より新年のごあいさつ

ちいちの華より、新年あけましておめでとうございます。今年こそ、良い年でありますように。ちいちの華では仏華講習会の講師派遣、出張立華を承っております。お気軽にご相談ください。

それでは恒例?の会員のお正月の仏華をご紹介いたします。順不同です。

おまけ

年末にお手入れをした筆者(澤田)の立華の道具類です。こんなのを使ってお華を立てています。

21組法話冊子⑥「いのちはだれのものですか」ジェシーこと法名釈尼萌海氏

大阪教区第21組「推進員報恩講」(2019/12/6 堺支院)の講話録を21組様のご厚意によりアップいたしました。みなさまぜひご覧ください。

21組法話冊子⑥「いのちはだれのものですか」ジェシーこと法名釈尼萌海

→冊子を銀杏通信に公開するにあたって(第21組組長・山雄竜麿氏)

平野修師の本、予約受付中!(2/1発売)

平野修『教行信証化身土巻講義 親鸞の出遇った世界―浄土真宗』(全5巻)の第1巻が2021年2月1日、いよいよ刊行されます。師が病床に伏される直前まで続けられた未完にして最後の大講義です。第2巻は来年の秋頃、以降全5巻を順次上梓していきますので、お楽しみに!

ただいまご予約も受け付けております! 詳しくは、特設ページをご覧ください。

第2回北河内ブロック協議会

【2020/10/14追記】
第2回北河内ブロック協議会の報告書を追加でアップしました。

第2回報告書2020.10.7.docx

本日、第2回の大阪教区北河内ブロック協議会が、天満別院を会処に行われました。昨年12月に開かれた第1回協議会に引き続き開催されたものです。構成する団体は、天満別院、そして第12組、第13組、第14組、第15組で、今回は総勢25名の参加がありました。

内容は、まず始めに別院、各祖より自己紹介、そして教化事業の現況報告として、現在のコロナウィルスが蔓延する状況での教化事業について、それぞれご輪番、組長さんから報告がありました。

続いて事務局8名を紹介させていただき、その後、組教化推進部(教区教化委員会)からの報告として、北河内ブロック担当の小松さん・間口さんにお話いただきました。

さらに休憩を挟み、今後の活動として、来年の2月ごろ、ブロック内の寺族を対象とした研修会を行ってはどうかという提案を事務局からさせていただきました。内容は前期より始まった新しい教区教化体制に関して研修を行っていくという方向を確認いたしました。

獅子吼の会ホームページ公開しました

https://www.shishikunokai.com/

現代法話研究会「獅子吼の会」では、先日ホームページを公開いたしました。今後の「三夜連続法話の会」など主催の聞法会のご案内や、会員の紹介、法話の動画などを掲載しております。ぜひご覧ください。

『真宗門徒のお葬式』発刊のお知らせ

広報・出版部では先日、『真宗門徒のお葬式~真宗の仏事の回復を願って~』ブックレット版を発行いたしました。葬儀についての受け止めや、日頃からよく聞かれる葬儀に関する質問への答えを掲載し、葬儀に関する儀式が何を願われている仏事なのか、葬儀の基本的流れとともにまとめられています。

※2015年にリーフレットとして発行されたものを、ブックレット版として再編集したものです。

1冊50円(送料別)にて頒布いたしております。施本などにぜひご利用ください。

↓見本(PDFで全ページがご覧になれます)

2020_葬儀ブックレット_v5_s