2017年12月

福井別院の立華をいたしました

先日12月3~5日の三日間かけて、福井別院の仏華を立ててきました。下の写真は立てている途中(二日目)の様子です。完成したものは下記フェイスブックの記事をご覧ください!

  

ともかく御御堂が巨大(難波別院本堂よりまだ大きいです)で、お華もそれにあわせて高いものが必要でしたので、作業が大変でした。福井別院様には1月の仏華講習会(教区主催)に引き続き大変お世話になり、ありがとうございました。

法話を考える会 ~『親鸞聖人御消息集』第4通~

12月6日(水)午後6時から法話を考える会が行われました。会場は堺支院。12名の方が参加されました。

今年度から法話を考える会では、講師に村上宗博氏(京都教区山城第1組・願教寺住職)を招いて、

『親鸞聖人御消息集』をもとに、法話をするためにということを念頭に置いて聖教を学んでいます。

今回は第3回目で、『親鸞聖人御消息集』第4通を学びました。

村上宗博先生は、「慙愧の念をもつだけでは救われない、救われるには本願のはたらきが必要である」と繰り返し述べられていました。

難しい内容でしたが、阿闍世の話も取り上げられて、わかりやすくお話し頂きました。

興味深い話ばかりで、時間が経つのが早く感じました。

『親鸞聖人御消息集』を深く学ぶ事ができたと思います。

次回は次年度になる予定です。

12月13日(水)に「親鸞聖人に出遇う入門講座」を開催

きたる12月13日(水)午後6時より、「宗祖親鸞聖人に出遇う入門講座~『歎異抄』に聞く~」を難波別院(南御堂)で開催いたします。※主催:継続聞思の会 後援:真宗大谷派難波別院

同講座は、寺族や御門徒の垣根を越えて、みんなが平らに語り合える「座談会」を中心にした入門講座です。『歎異抄』をテキストとして、親鸞聖人が明らかにされたお念仏の教えを共に学んでおります。初心者の方でも、どなたでもご参加いただけますので、楽しく語り合い、聞き合いながら、お互いの悩みや問いについて語り合ってみませんか?

◆対 象 どなたでもご参加いただけます ※事前申し込みは不要です

(入門講座ですので、是非ご門徒のご参加をお待ちしています)

◆日 時 12月13日(水)午後6時~午後8時まで

◆会 場 難波別院(南御堂)同朋会館講堂

◆参加費 無料です

◆持ち物 『歎異抄』(東本願寺出版:200円 ※会場でお買い求めいただけます)、お念珠、筆記用具など

※これからはじめて『歎異抄』を学ぼうと思われている方や、親鸞聖人についてご関心をお持ちの方、ザックバランに尋ねてみたい方、また一人ではなかなかお聖教が読みづらいという方など、一度、お気軽にご参加してみて下さい。ご一緒にお念仏の教えに我が身を学び、楽しく語り合いましょう。

%e5%85%a5%e9%96%80%e8%ac%9b%e5%ba%a7-5%e5%85%a5%e9%96%80%e8%ac%9b%e5%ba%a7-1入門講座 (2)入門講座 (4)

詳しくは、下記のチラシをご参照いただきまして、多くの方々のご参加を心よりお待ち申し上げます。

あゆみ通信 VOL.108

2017年12月1日、今月もあゆみの会(第2組同朋の会推進員連絡協議会/浪花 博会長)の機関誌『あゆみ通信』(編集:本持喜康事務局長)が発行されました。

通算第108号の紙面を御覧下さい。

あゆみ通信108号 第1面

【第1面】

▼第4期となる推進員養成講座を終えたことをうけて、第2組組推協「あゆみの会」の結成と、これまでの歩みの概説

▼「あゆみの会総会」の案内:2017年12月17日(日)午後2時より了安寺にて。※あゆみの会会員が対象の行事です。

▼2018年の第2組聞法会の告知

▼「肝に銘ず」:本持編集長の編集後記

 

あゆみ通信108号 第2面

【第2面】

▼11月14日に執行された第2組合同報恩講の報告

▼合同報恩講での髙間重光先生の法話の要旨:(まとめ)浪花 博(あゆみの会会長)

 

 

が内容となっています。

 

★「あゆみ通信108号」のプリントアウトは、

↓↓ こちらのPDFファイルをお使い下さい。 ↓↓
あゆみ通信108AA

あなかしこ あなかしこ(8組北摂若院会)

8組は3ブロックから構成されますが(北摂・西摂・有馬)、そのうちの北摂ブロック(尼崎市・宝塚市・西宮市・川西市・伊丹市)の若院会が11月30日(木)に開催されました。

本年は萬徳寺さん(伊丹市)を会場に、御文の練習を行いました。

端 孝彰 師(8組西孝寺 住職)のご指導を頂きました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

練習終了後、再度、声明学習会を開催すること確認し、閉会となりました。

 

拝読・所作の練習をしました