2019年12月

あゆみ通信 VOL.132

あゆみの会(第二組同朋の会推進員連絡協議会/浪花 博会長)の機関誌『あゆみ通信』(編集:本持喜康事務局長)の第132号(2019年12月1日号)が発行されました。

【第1面】
▼仏弟子同窓会のあゆみの会総会にご参加を

▼大推協公開講座

▼あゆみの会総会

▼生かされているいのち(本持編集長の編集後記)

【第2面】

▼2組報恩講執行

▼如是我聞(佛足寺門徒 細川克彦)

「あゆみ通信132号」のプリントアウトは、
↓↓ こちらのPDFファイルをお使い下さい。 ↓↓

 

あゆみ通信132AA

 

「柴講」真宗本廟報恩講参拝(11月26日)

去る11月26日、「柴講しばこう」として、第11組山中6ヶ寺の寺族・ご門徒並びに教行寺様板谷のご門徒、24人が揃って真宗本廟報恩講に参拝しました。

鸞恩くんもいっしょに集合撮影(於:御影堂前)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午前10時からの日中法要に参拝し、11時から表小書院おもてこしょいんにて採納式さいのうしきに出席しました。採納式では八島財務長より柴講参拝と燃料懇志に対し謝辞が述べられ、記念に紋菓もんかを頂戴しました。

その後、大寝殿にて全国からお越しの参拝者の皆様とともにお斎を頂きました。

保信ほしんかいの方々が配膳くださいました。(於:大寝殿)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お斎の後、渉成園しょうせいえん散策等各々に自由行動とし、午後2時30分御影堂前に集合し、貸切バスにて帰路に就きました。

一緒に渉成園を散策したご門徒からは、口々に紅葉を愛でる声が聞かれました。

 

12月11日(水)に「親鸞聖人に出遇う入門講座」を開催!

きたる12月11日(水)午後6時より、継続聞思の会は「宗祖親鸞聖人に出遇う入門講座~『歎異抄』に聞く~」を難波別院(南御堂)にて開催いたします。

この講座は、寺族や御門徒の垣根を越えて、みんなが平らに語り合える「座談会」を中心にした入門講座です。『歎異抄』をテキストとして、親鸞聖人が明らかにされたお念仏の教えを共に学んでおります。

初心者の方でも、どなたでもご参加いただけますので、楽しく語り合い、聞き合いながら、お互いの悩みや問いについて語り合ってみませんか?

  • 日 時 12月11日(水) 午後6時~午後8時まで
  • 会 場 難波別院(南御堂)同朋会館講堂
  • 対 象 どなたでもご参加いただけます ※事前申し込みは不要です
    (入門講座ですので、是非ご門徒のご参加をお待ちしています)
  • テキスト 『歎異抄』(東本願寺出版:270円 ※会場でお買い求めいただけます)
  • 参加費 無料
  • 持ち物 お念珠、筆記用具など

これからはじめて『歎異抄』を学ぼうと思われている方や、親鸞聖人についてご関心をお持ちの方、ザックバランに尋ねてみたい方、また一人ではなかなかお聖教が読みづらいという方など、一度、お気軽にご参加してみて下さい。ご一緒にお念仏の教えに我が身を学び、楽しく語り合いましょう。