第21組・北畠顕成(組通信員)

戦争展公開講座(2022年3月9日)開催されました

3月9日(水)、第115回南御堂ヒューマン・フォーラム 戦争展公開講座「大阪大空襲を語り継ぐ」が開催されました。会場の難波別院仮本堂(講堂)には30名近くの方が参加して下さいました。感染症対策を実施し、Zoomを使用したライブ配信も行いました。参加者の皆様ありがとうございました。

講師は「新聞うずみ火」代表・フリージャーナリストの矢野宏さん。

昨年、一昨年は新型コロナウイルス感染拡大のため公開講座が延期。今回ようやく矢野さんをお迎えしてお話を聞くことができました。テーマは「大阪大空襲を語り継ぐ」。計8回に及ぶ大阪大空襲の話を中心に、講演の最初から最後の質疑応答まで熱のこもったお話をして下さいました。

 

「一人一人家庭があって家族がある。それが一瞬にして奪われてしまう。それが戦争だ。」

矢野さんは多くの戦争体験者を取材されています。講演の間には矢野さんが体験者の記憶を記録として残すために制作された「語り継ぐ大阪大空襲」のDVDを鑑賞しました。このDVDは小中高生の平和学習に使われているそうです。DVD では3人の空襲体験者の方たちが証言して下さいます。

〇藤原まり子さん 当時0歳。生まれて2時間後に防空壕に焼夷弾が落ち、大やけどを負い左足が変形。中学2年生の時、足を切断し義足に。

「戦争がなければこんなに悩まなくてもいいのに。戦争は絶対いけないこと。」

〇吉田栄子さん 当時10歳。一人で岬町の親戚宅に疎開中、難波の自宅が空襲に遇い家族9人が亡くなる。戦後は親戚の家を転々とする。

「戦争は誰のためにもならない。勝っても負けても泣くことばっかり。」

〇鄭末鮮(チョンマルソン)さん 当時11歳。1トン爆弾で家族4人が亡くなる。在日コリアン2世であることを隠し70代まで日本名で暮らす。

「戦争していいことは何もない。100のうち1もない。」

この3人の方たちは戦争によってかけがえのないものが一瞬にして奪われました。また戦後も大変辛い日々を送られています。その方たちが語る「戦争はいけない」という言葉には非常に重みを感じます。

矢野さんは最後に、ワイツゼッカー元ドイツ大統領の「真実を直視しよう」という言葉を挙げられ、色んな情報が錯綜しているが、真実を見抜く目を持ってくださいと呼びかけられていました。矢野さんの真実に向き合い、誰もが生まれてきて良かったと思える社会をつくっていかなければならないという熱い思いは痛いほど伝わってきました。ご講演いただき誠にありがとうございました。

 

※現在、難波別院御堂会館1階エントランスにて、戦争展パネル展開催中です。開催期間は3月28日(月)までとなっていますのでご注意ください。入場無料でどなたでもご覧いただけます。ご来場お待ちしております。

お問合せ 真宗大谷派大阪教務所 TEL 06-6251-4720

2022年 戦争展公開講座開催のお知らせ

今回戦争展実行委員会では、一昨年、昨年と新型コロナウイルス感染拡大のため延期となっていた公開講座を開催いたします。

「新聞うずみ火」代表・ジャーナリストの矢野宏さんを講師にお迎えいたします。

参加無料です。戦争展パネル展(3月5日~3月28日)と併せてお願い申し上げます。

 

【第115回 南御堂ヒューマン・フォーラム  戦争展公開講座】

「大阪大空襲を語り継ぐ」

講師 矢野宏氏

日時 2022年3月9日(水) 18:00~

会場 難波別院 同朋会館1階仮本堂(講堂)

主催 真宗大谷派大阪教区教化委員会

共催 難波別院(南御堂)

お問合せ 真宗大谷派大阪教務所 TEL06-6251-4720

 

当日ご来場が難しい方、また不安な方はZoomでもご参加いただけます。

ミーティングID 899 2440 8148

パスコード 367654

※当日、大阪府に緊急事態宣言が発令されている場合は、会場での開催を取り止めZoomのみでの開催とさせていただきます。ご了承ください。

 

戦争展2021年度(2022.3)チラシ(裏)0117

2022年 戦争展パネル展開催のお知らせ

私たち戦争展実行委員会では、第1回大阪大空襲(1945年3月13日~14日)のあった3月の時期に毎年戦争展を開催し、「二度と戦争を起こしてはならない」と呼びかけ続けています。

今年も予定通り戦争展パネル展を開催させていただきます。今回は大阪大空襲、昨年フィールドワークを行った鶉野飛行場跡の写真などを展示いたします。新型コロナウイルス感染症の感染再拡大により不安定な中での開催となりますが、一人でも多くの方に戦争について共に考えていただけたらと思います。

入場無料でどなたでもご覧いただけます。ご来場お待ちしております。

 

【2022年 戦争展 遺跡からみる戦争の姿 ~語り継がれる想い~】

日時 2022年3月5日(土)~3月28日(月) 9時~17時半

会場 真宗大谷派難波別院(南御堂) 御堂会館1階エントランス

お問合せ 真宗大谷派大阪教務所 TEL 06-6251-4720

 

戦争展2021年度(2022.3)チラシ(表)0117戦争展2021年度(2022.3)チラシ(裏)0117

 

 

 

 

 

 

戦争展フィールドワーク(鶉野飛行場跡)

当時は自力発電所として使用されていた巨大防空壕内。現在は内部を整備しシアターとして活用。

戦争展実行委員会は、10月4日(月)兵庫県加西市にある鶉野飛行場跡にてフィールドワークを行いました。

当初昨年度の1月に鶉野飛行場跡へのフィールドワークを予定していましたが、新型コロナウイルス感染拡大の為延期。次に予定した6月も再び延期となり、今回3度目にしてやっと鶉野飛行場跡を訪れる事ができました。会議もオンラインが多く、久しぶりに委員の皆さんと顔を合わせました。

昭和18年(1943年)、鶉野に優秀なパイロットを育てるため姫路海軍航空隊がつくられ、鶉野飛行場ができました。鶉野には今も当時のまま残る1200メートルの滑走路、その周りには防空壕、機銃座、爆弾庫などが残っています。

加西市歴史街道ボランティアガイドの高見さんの案内で鶉野飛行場跡周辺に点在する戦争遺跡を回りました。

鶉野平和祈念の碑苑→法華口駅→爆弾庫跡→衛門前防空壕跡→

対空機銃座跡→巨大防空壕跡(シアターを鑑賞)→備蓄倉庫(紫電改の実物大模型)

季節外れの暑さと虫の多さは想定外でしたが(帽子と虫よけを持っていけばよかったと後悔…)、13:30から16:00までの約2時間半、しっかりとフィールドワークを行う事ができました。約2時間半の間にこれだけ多くの戦争遺跡を回れる場所はなかなかないのではないでしょうか。戦後76年がたち、戦争の記憶の風化が進んでいますが、この鶉野という地にはには実際に戦争が行われていたという足跡が残っていました。

今回コロナ禍の中でのフィールドワークという事で多少不安もありましたが、実際に現地に行かなければ学べないものが多くあったように思います。防空壕などの内部を見学するなど貴重な経験もさせて頂き、改めて戦争について考えるいい機会となりました。

ガイドの高見さん、暑い中丁寧に案内して頂き本当にありがとうございました。

次回の戦争展パネル展(2022年3月頃予定)は、今回行ったフィールドワークをを中心に考えています。興味のある方はぜひお越し下さい。

戦争展「史実は平和へのメッセージ ~無名な人々の姿~」開催中です

 

今月3月13日(土)から3月28日(日)まで、御堂会館1階エントランスにて、戦争展「史実は平和へのメッセージ ~無名な人々の姿~」を開催しています。

各日9時~17時、入場無料でどなたでもご覧いただけます。よろしくお願いいたします。

 

 

2020年度戦争展開催のお知らせ

 私たち戦争展実行委員会では、第1回大阪大空襲のあった3月の時期に毎年戦争展を開催し、「二度と戦争を起こしてはならない」と呼びかけ続けています。今年度も戦争展を開催することとなりましたので、お知らせいたします。入場無料でどなたでもご覧いただけます。

 

【史実は平和へのメッセージ ~無名な人々の姿~】

日時 2021年3月13日(土)~3月28日(日) 9時~17時

会場 真宗大谷派難波別院 南御堂 御堂会館1階エントランス

主催 真宗大谷派 大阪教区教化委員会 戦争展実行委員会

 

698_2020戦争展チラシ03

2019年度「社会問題を考える会」現地学習② ~加西市~

二日目の午後からは姫路海軍航空隊鶉野飛行場跡のある加西市へと向かいました。

田園風景の広がる中を車で進むと、長さ1200メートルの滑走路跡が残っていました。

昭和18年、鶉野に優秀なパイロットを育てるため姫路海軍航空隊がつくられ、鶉野飛行場ができました。昭和20年には、神風特別特攻隊白鷺(はくろ)隊が編成され、63名の若者が命を失いました。

この飛行場跡周辺には、防空壕、機銃座、爆弾庫などの戦争遺跡も残されています。特に防空壕は数多く点在していて、このような場所は全国でも珍しいのではないでしょうか。残念ながら防空壕の中は見学できませんでした(ガイドの予約が必要だそうです)。

戦後70年以上が経ち、実体験として戦争を語り継ぐ方も徐々に減ってきています。今後このようなかつての戦争を物語る戦争遺跡が、戦争の歴史を後世に伝える為に重要な役割を果たすと思われます。

今回の現地学習はゆっくりとした行程だったので、ひとつひとつ十分に見学ができ、多くのことを学び感じとることができました。有意義な二日間でした。

【平和祈念の碑】平成11年、特攻隊で生き残った人たちと地元の人たちによって建てられた

【機銃座】当時ここに機銃が据え付けられ、飛行場の防空を担っていた 現在は映画「男たちの大和」の撮影に使用された実物大の模型が装着されている

【爆弾庫】壁70㎝、天井1mもある分厚いコンクリートでつくられ、爆弾や機銃弾などが貯蔵されていた

【巨大防空壕】長さ14.5m、幅5m、高さ5mの基地内最大の防空壕で、中には自力発電機を備えていた

 

2019年度「社会問題を考える会」現地学習① ~舞鶴~

21組では、1月30日(木)~31日(金)に「社会問題を考える会」現地学習を行いました。社会問題を考える会では年に一度現地学習を実施し、今までに東京・長崎・広島・岐阜を訪れ、昨年は沖縄へ。今回は引き揚げのまち舞鶴へ向かいました。参加者は6名でした。

 

 

 

 

 

 

 

昭和20年(1945)第二次世界大戦の終結にともない、当時海外に残された日本人は660万人以上ともいわれ、これらの方々をすみやかに帰国させなければならなくなりました。これを「引き揚げ」といいます。舞鶴港は、政府が指定した引き揚げ港の一つとして、昭和20年10月7日第一船の入港から、昭和33年(1958)9月7日の最終船まで、実に13年間の長きにわたり、その使命を果たしました。

(舞鶴引揚記念館パンフレットより)

 

集合場所の堺南御坊を出発した時は快晴でしたが、途中から雨が降り出し、残念ながら雨の中でのフィールドワークとなってしまいました…。初日は舞鶴赤レンガパークと北吸トンネルを訪れました。

【舞鶴赤レンガパーク】旧海軍の軍需品や水雷倉庫として建てられたものが多く、8棟が重要文化財に指定されている

【北吸トンネル】 明治37年に軍港引込線として設けられたトンネルで、現在は自転車・歩行者道路として活用されている

 

二日目は朝から今回の現地学習のメインである舞鶴引揚記念館へ見学に向かいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

館内は資料や写真などが非常に分かりやすく展示されていて、引揚船の模型、抑留生活体験室、歓迎アーチと引揚桟橋を再現したものもありました。終戦後旧ソ連によって連れて行かれた日本人のシベリアでの抑留生活、舞鶴港での引き揚げの様子は想像してる以上に悲惨なもので、非常につらく心が痛みました。戦争の歴史を学ぶという事はつらく目を背けたくなる時もありますが、しっかりと向き合って学び、このような悲惨な歴史があったという事を伝えていかなければならないと強く感じました。

 

完成!十六連の念珠 ~念珠講座~

長時間本当にお疲れ様でした。

12月19日(木)、15時から「手作り念珠講座」が開催されました。会場は堺支院(堺南御坊)。

第1回目は髑髏(どくろ)念珠、

第2回目は腕輪念珠、

今回第3回目は略念珠(天然石)を作りました。今までで最も多い16名の方が参加して下さいました。有り難うございました。

ものによっては玉の穴が小さくなかなかヒモが通らなかったり、角結びがうまく結べなかったり、皆さんとても苦労されていました…。終了時間に間に合うかハラハラしましたが、根気強く頑張って頂き、参加者全員が時間内に念珠を完成させることが出来ました。

最後に出来上がったお念珠を手に、全員で恩徳讃を唱和しました。スタッフも含め自然と顔がほころんでいた様な気がします。苦労されて作られた分、愛着を持って使って頂けると思います。

 

 

 

 

親鸞聖人最後の手紙 ~『親鸞聖人御消息集』を紐解く(最終回)~

12月18日(水)午後6時から「法話を考える会」が行われました。

会場は堺支院。参加者は7名でした。

講師に村上宗博先生(京都教区山城第1組・願教寺住職)を引き続きお招きし、『親鸞聖人御消息集』(親鸞聖人が門弟に宛てられた全43通からなる手紙)を学びました。

今回の講義では、第38通(自然法爾)、第40通(十二光仏)、第41通(「浄土宗のひとは愚者になりて往生す」)、第43通(親鸞聖人の遺言状)を学び、今回も法話を考える会ということで最後にご法話をいただきました。

第43通は親鸞聖人の最後のお手紙といわれ、東国の門弟に「私が死んだら哀れんで子どもたちを支えてやってくれ」と懇願した手紙です。村上先生は親鸞聖人らしくないお手紙とおっしゃっていました。

親鸞聖人は家族を捨てて、教行信証完成の為に京都に戻りましたが、最後の最後に心配されたのは子どもたちの事でした。この第43通からは親鸞聖人の親としての一面を感じる事ができました。

法話を考える会では、2017年から全9回、今一度お聖教を拝読、学習する事が重要であろうと考え、村上先生にご講義をいただき『親鸞聖人御消息集』を学んでまいりましたが、今回で最終回となりました。

私には正直難しい部分もありましたが、親鸞聖人の悲しみや苦しみなどあまり知られていなかった一面を窺い知ることでき、学ぶところの多い講義でした。

講師の村上宗博先生には、お忙しいところ、毎回京都よりお越しいただき厚くお礼申し上げます。

お聖教を学ぶという事の大切さを改めてお教えいただきました。

帰るところがある ~法話を考える会~

第21組では、9月18日(水)午後6時から「法話を考える会」が行われました。

会場は堺支院。参加者は11名でした。

現在「法話を考える会」では、講師に村上宗博先生(京都教区山城第1組・願教寺住職)を招き、『親鸞聖人御消息集』(親鸞聖人が門弟に宛てられた全43通からなる手紙)を学んでいます。今回で第8回目となります。

前半は『親鸞聖人御消息集』の第28通・第30通・第34通・第35通を学び、後半は「法話を考える会」ということで、法話をして下さいました。

 

「衣・食・住」の中で一番大切なものは何か?

「住」が一番大切である

着るもの食べるものは何とでもなる

心の問題で、帰るところがなければ生きていく気力がなくなる

真宗では帰るところ(極楽浄土)があるというのが大きな救い

今生きていくことの支えになっている

 

私は村上宗博先生の法話を初めて聞きましたが、誰が聴いても非常に分かりやすい法話で勉強になりました。

村上宗博先生有難うございました。

次回は12月を予定しています。

「祈りの念仏」と「感謝のお念仏」

7月5日(金)、14時30分から第21組主催による「第39回夏季仏教講座」が開催されました。会場は堺市産業振興センターイベントホール。

今年は600名の方が参加して下さいました。暑い中、今年も多くの方々にお越しいただき深く感謝しております。

会場ロビーでは、昨年に続き被災地復興応援として、植物の絵を販売いたしました。ご協力ありがとうございました。売り上げは全額寄付させていただきます。

講師は淺田恵真さん(龍谷大学名誉教授・大阪教区因念寺住職)。「祈りの念仏」と「感謝のお念仏」を講題にお話下さいました。

淺田恵真さんの恩師土橋秀高先生は苦脳の人生を歩まれ往生されました。

「両親(おや)おくり妻さきにゆき 子のいそぐ あかねの雲は美しき哉」など土橋秀高先生の遺品の句を紹介されながら、「祈りの念仏」と「感謝のお念仏」の違いを明らかにして下さいました。「あかねの雲は美しい」という喜びは単にお浄土の讃嘆ではなく、苦難という雲が浄土の光に照らされて、光雲として輝いている喜びであるとおっしゃっていました。

淺田恵真さんありがとうございました。

【7月5日】第39回夏季仏教講座開催します

【第39回夏季仏教講座】

日時 2019年7月5日(金) 開場14時/開演14時30分

講師 淺田恵真さん

講題 「祈りの念仏」と「感謝のお念仏」

会場 堺市産業振興センターイベントホール

主催 真宗大谷派大阪教区第21組

【プロフィール】1945年大阪府生まれ。現在、龍谷大学名誉教授・本願寺派宗学院講師・行信教校講師・本願寺派勧学 博士(文学)・大阪教区因念寺住職。

【メッセージ】私の恩師「土橋秀高先生」は60歳で依頼退職されて後、奥様が亡くなられ、自坊が全焼し、ご子息までもが自死され、結果、お孫さんとも別れねばならない後半生を過ごされました。そのような中にあってお念仏を喜び「今はただ、何思うすべも無し 恩愛のきずなを絶ちて 念仏もうさん」との句を残して往生されました。その苦難のご様子と、先生のお念仏の喜びを紹介したいと思います。

 

第39回夏季仏教講座の開催がせまってまいりました。

第21組では、6月24日(月)17時より、夏季仏教講座実施委員会が開かれ、最終打ち合わせが行われました。

講座はどなたでも聴講できますので、お気軽にご参加ください。

お問合せは、第21組各寺院または代表:浄得寺(072-233-2485)まで、おたずねください。

第39回夏季仏教講座

今年も第21組主催による夏季仏教講座が開催されます。

 

【第39回夏季仏教講座】

日時 2019年7月5日(金) 開場14時/開演14時30分

講師 淺田恵真さん(龍谷大学名誉教授)

講題 「祈りの念仏」と「感謝のお念仏」

会場 堺市産業振興センターイベントホール

主催 真宗大谷派大阪教区第21組

 

どなたでもご参加いただけます。講座のお問合せは、第21組各寺院または代表:浄得寺(072-233-2485)まで、おたずねください。

5月1日に行われた夏季仏教講座実施委員会

 

正信偈写経講座

第21組「手作り学習会」では、寺族と門徒が一緒に何かを作る、作業することにより、共に学び共感できる場を作ることを目的として、いろいろな事を企画しています。

第1回目は「お念珠作り」、

第2回目は「うでわ念珠作り」、

今回第3回目は…

「写経」。

2月22日(金)、15時より堺支院を会場として「正信偈写経講座」が行なわれました。参加者は10名。

※正信偈は経典ではないので写経講座より書写講座が相応しいかもしれませんが、御門徒に分かりやすくするために、あえて写経という言葉を使いました。

まず参加者の皆さんと正信偈をおつとめし、次に21組組長の松井さんが今回練習する正信偈の冒頭部分を説明して下さいました。

その後、お手本を見て筆ペンで練習していきます。

今回、篆書・隷書・楷書(2種類)・行書・草書の書体のお手本を用意し、好きな書体を書いていただきました。

皆さん静かに一文字一文字集中して書かれ、あっという間に終了時間になってしまいました。

いつもおつとめしている正信偈を書くことによって感じて頂けたかと思います。

ご参加いただきありがとうございました。